元I.O.Iのソミ、YG傘下のレーベルに所属:ソロデビューの可能性

以前お伝えした通り、元I.O.Iメンバーのチョン・ソミは所属事務所であったJYPエンターテイメントを離れたが、すぐに新たな所属先が決まった。

世界的なガールズグループを要するYGエンターテイメントの傘下レーベル、THE BLACK LABELは、ソミが新たな所属アーティストとなることを発表した。

I.O.Iのセンター


ソミは、TWICEを輩出したオーディション番組「SIXTEEN」で惜しくも落選。容姿端麗で実力もあるソミは、すぐに国民的なオーディション番組となった『PRODUCE101』に挑戦することで話題となった。

『PRODUCE101』では、大手事務所出身であり、SIXTEENですでに名前が売れていたこともあって、大きなプレッシャーを感じたことを明かしていたが、国民プロデューサーからの圧倒的な支持を集めて1位を獲得。デビューしたI.O.Iのセンターを務めた。

早いうちのデビューへ


その後、JYPを離れるに際して「最も暗い夜に最も輝く星が作られる。愛しています。会えなくて寂しい」とファンにメッセージを綴ったソミだが、その才能を韓国の芸能界が放っておくわけはなかった。

レーベルは、「私たちは、才能があり、限界のないポテンシャルを持つアーティスト、チョン・ソミと契約をしました。彼女が最高のアーティストになるために、最善を尽くします」と明かしており、早期のデビューを示唆している。

トッププロデューサーTEDDYが後押し


YG傘下のTHE BLACK LABELは、韓国を代表するトッププロデューサーのTEDDYが立ち上げたレーベルで、Zion.TとKUSHらが所属している。YGエンターテイメントにはTABLOなど有名アーティストが所属しているが、独立したシステムで運営されており、アーティストの独自性が強い。

ソミもYGエンターテイメントではなく傘下のレーベルに所属することで、こうしたトッププロデューサーからの後押しを受けて輝かしいキャリアを築いていく可能性が高い。

ニュースへのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!