東方神起、再始動後はバラエティ番組でアピール「もっと僕らを知ってほしい」

最近、東方神起のバラエティ番組への露出が増えている。ユンホが去年2017年4月20日、チャンミンが2017年8月18日に除隊してから再始動した東方神起だが、テレビで自然体の姿を見せる機会が増えた。

二人だけの夕食

4月6日、Mnet M2の3回目のエピソード「僕たちは東方神起」で二人はぎこちない食事の場面を披露した。チャンミンとユンホはSM Townレストランで二人だけで静かにディナーを楽しんだ。プライベート・ルームに入ると、ユンホはレストランで二人だけで食事をすることが初めてだと語った。 「僕たちが一緒に二人だけで食べる時、普通はただの家庭料理で、外ではめったに一緒に食事をしないんだ。いつもマネージャーが一緒にいるからね」 チャンミンもそれに同意をした。その様子はまるで長年連れ添った夫婦のようだ。いつも自宅で食事をする二人が外食をするといつもと違った雰囲気になり、ぎこちなさも出てくるのだろうか。

もしもアイドルじゃなかったら?

4月30日スタートの新バラエティ番組「東方神起の72時間」では、アイドル以外の職業を72時間だけ体験できる機会がもらえる。ユンホは純粋な心の幼稚園児と過ごすことによって癒やされることを願って幼稚園の先生を選んだ。料理上手のチャンミンは最高級レストランのシェフに挑戦する。いつもと違う二人のあたふたする姿が見られて微笑ましい。

「東方神起」をもっと人々に知ってほしい

彼らは2004年にデビューしてから14年になる、K-popの流れを作ったベテラングループだ。彼らの楽曲は激しいダンスとユンホのラップ、そしてチャンミンのハイトーン・ボーカルが特徴の情熱的で、耳に残る曲が多い。誰もが認めるSMエンタテインメントのキングだ。 しかし約2年間の兵役の間、他の事務所からもBTSを初めとする新たなk-Popスターが人気を得て、世代交代の感も否めない。東方神起の二人もステージ上でのパフォーマンスだけではなく、他のアプローチも必要だと考えたのか、バラエティ出演やインスタグラムの開設などよりファンに近づいているように見える。チャンミンは前述のレストランでの食事の時に「東方神起を『好ましい男性』としてもっと人々に知ってほしい」と語っていた。キング「東方神起」と身近な「東方神起」とのギャップがファンの心を捉えるだろう。