K-POPのガールズグループWonder Girlsのメンバーであったユビン(キム・ユンビン)は6月5日にソロアルバム『ユビン The 1st Solo Album 都市女子』を発売した。Wonder Girlsが解散してから1年後のリリースとなり、Wonder Girlsは10年にわたるキャリアを経て、2009年に英語バージョンの「Nobody」が76位にランクし、Billboard Hot 100チャートに登場した初めての韓国グループだった。

ユビンが淑女になって帰ってくる

ユビンのデビューシングルは80年代のディスコとソフトロックで、ファンキーな演奏、スウィーティハーモニー、そしてシンセサイザーの遊び心のあるメロディーで振りかざしている。都市のライフスタイルを描いた80年代の日本で有名な音楽のジャンルであるシティーポップを思い起こさせる「淑女」がタイトル曲となっている。シングルアルバムのリリースは、「都市愛」と言う曲の著作権問題のために延期された。

独り立ち後、セクシーな魅力爆発

「淑女」のミュージックビデオは、コスモポリタンの魅力を反映し、忙しい女性としての彼女の人生や愛を告白していて、レトロな雰囲気を演出している。Wonder Girlsが今まで取り入れたノスタルジアのイメージをさらに呼び起こしている。
キム・ヒョナがグループを脱退した後、2007年にユビンがシンガーラッパーとしてWonder Girlsに加わった。2015年にグループのコンセプトが変わったとき、ユビンはドラマーの役割を担った。元Wonder Girlsのソンミ、Ha:tfelt (イェウン)、キム・ヒョナに続くソロ活動である。ユビンとへリムはJYPエンターテインメントを再契約をしている。

ラッパーとしての力量をがっちりしてきて、グループ活動時期はボーカルラインのメンバーに包まれていたが、ユビンのボーカルとしての新た歌手人生、第2幕が始まった。