韓国の7人組グループBTS(防弾少年団)は、ビルボードの記者会見で新しいアルバム『LOVE YOURSELF 転 “Tear”』について話した。インタビューの中で、BTSのRM、ジン、ブイ、ジミン、ジョングク、ジェイホープは、アルバムのインスピレーションと彼らの目標について話した。

『LOVE YOURSELF 転 “Tear”』、愛について

まずRMは、Billboardのチェルシー・ブリッグスにアルバムのタイトルについて語った。「私たちは、あなたが愛している時、自分自身に正直じゃないと愛は持続しないと話しています。愛は複雑なものであり、常に暗い面と悲しい面を持っているからです」。

収録曲について

またメンバーは、惑星冥王星に触発された曲「134340」と「Airplane pt. 2」のインスピレーションについても語った。

「これは、ジェイホープのミックステープ『Hope World』のなか、グループの国際的な成功を祝った「Airplane」へのフォローアップ曲です。ラテン・ポップのジャンルによって、アーティストとしての成功へ願いを込めた歌詞で始まり、BTSが今までどのように生きているか、ホテルの部屋で暮らすマリアッチ(メキシコの音楽を演奏する楽団)のように旅するミュージシャンであることを描いています」。

今考えている目標

彼らは、Billbord Hot100チャートのトップ10入りを果たしたいという野望とともに、「LOVE YOURSELF」ツアーを成功裏に終えたいという願いも表明した。RMは、「私たちは今のところ、いまこの瞬間を楽しんでいる」と述べ、「目標をあまりにも高く設定すると、本当に疲れるからだ」と素直な胸の内を語った。

「Fake Love」のMVも公開

また、音楽ストリーミングプラットフォームSpotifyは、「Fake Love」のYouTubeのクリップがリリースされたと同時に、縦型フォーマットの映像をリリースした。Spotifyに掲載されている映像は、YouTube版よりも1分短いカットである。オリジナル映像とは異なり、グループの振り付けに焦点を当てて連続的に音楽をフィーチャーし、ダンスにフォーカスを当てた映像を公開している。