EXO

EXOについて

K-POPを名実ともに代表するグループ。元々は12人の大所帯グループであったが、華人メンバーが抜けたことで、現在は9人で活動しているものの、その人気は衰えること無く、韓国で12年ぶりにミリオンを達成したどころか、4枚連続でのミリオンという驚異的な記録を誇っている。

2014年に、中国人メンバーのクリスがSMエンターテインメントを相手に専属契約無効の訴訟を提起し、少し後にルハンも同様の訴訟を提訴、2015年にはタオも同じ訴訟を提起し、 2016年7月には、クリスとルハンが公式にEXOを脱退した。タオは未だ裁判中である。

2013年にリリースした、リパッケージアルバムのタイトル曲「Growl」で不動の人気を得たEXO。当初は中国中心に活動するEXO-Mと、韓国を中心に活動するEXO-Kに分かれて活動することも多かったが、3人の中国人メンバーが実質的に脱退してからは、9人で活動して絶大なる人気を誇っている

カイやセフン、そして唯一の華人メンバーとなったレイを中心した圧倒的なダンスパフォーマンス、スホやチェン、ベッキョンらボーカルラインの歌声はもちろん、チャニョルやシウミンなどアイドル・ファン以外からも愛される幅広い魅力で、まさにアジアを代表する男性グループへと上り詰めた。