案山子とラケット(ドラマ)

「案山子とラケット」について

東京から転校してきた小田切亜季と島で育った松丘珠子は、共に中学3年生。亜季は、所属していたソ
フトテニス部で心に傷を負い、東京での母と姉との生活から離れ、別居中の父・雅也の元へやってきた。
そんなこととは知らない珠子は、亜季にソフトテニスを教えてほしいと持ちかける。珠子の熱意に押され、
亜季はまたラケットを握ることにした。
しかし村にテニスコートはなく、二人は廃校の荒れた校庭にコートを作ろうとする。その矢先、村役場が廃
校を売りに出す計画が持ち上がった。その担当になった役場の青木は東京で挫折して戻ったUターン
組。悶々と過ごすなか、亜季と珠子が一生懸命コートを作ろうとしている姿に打たれ、その噂を聞きつけ
た、島の“仙人”こと八重婆と共に計画を阻止しようとする。
ある日、練習会に参加した二人は、他の人達との実力の差に愕然とする。練習会に来ていた亜季の父の
友人で、ソフトテニス実業団でコーチをしている西園寺馨が、落ち込む二人にアドバイスを送る。
村の人達にも協力してもらいコートが完成し、 青木がコーチを買って出て本格的な練習が始まった。周
囲の大人たちに支えられ、亜季・珠ペアは初めての試合に臨んだ―。

基本情報

タイトル 案山子とラケット
原題
時間 100
リリース年月日 2015年01月01日
ジャンル
監督 井上春生
プロデューサー
制作会社
配給会社
公式サイト
公開日 2019年04月21日
最終更新日 2019年04月21日

この作品情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演者