ペ・ソンウ

韓国の俳優・韓流スター

ペ・ソンウについて

ペ・ソンウは韓国の俳優である。実にさまざまな作品に出演しており、その出演作の多さと存在感から多作王イ・ギョンヨンに続いて多作妖精というニックネームが付けられるほどである。コミカルな役から人情味のある役、悪役まで幅広く演じる。映画『ザ・キング』での悪徳検察官役が高く評価され、第54回大鐘賞助演男優賞を受賞した。

基本プロフィール

芸名 ペ・ソンウ (Bae Seong-woo)
本名 ペ・ソンウ (Bae Seong-woo)
ニックネーム 多作妖精
国籍 大韓民国
性別 男性
身長 166cm
体重 59kg
血液型 B型
誕生日 1994年03月01日 (28歳)
干支
星座 うお座

所属

参加グループ
事務所 アーティストカンパニー
デビュー年 1999

好きなタイプ

『奴隷の島、消えた人々』で共演したパク・ヒョジュからは「よく面倒を見てくれる、忙しくない女性が似合うと思います」と言われたが、本人にあまり結婚する気がないのか、よく冗談めかして誤魔化す場面が多い。

性格

「俳優」という職業に対して「この仕事が本当に好きだ。どうすればこの仕事を長く、楽しくできるのかと思うと、客観的に自分を見つめて、自分なりに分析し、直し、発展させなければならないと思う」と語るなど、非常に仕事熱心である。

デビュー前の経歴

1999年ミュージカル魔女狩りでデビューした後、主に演劇の舞台で活動していた。

出身・家族・学歴

大学 ソウル芸術大学

家族のエピソード・詳細

弟はSBSアナウンサーで看板スポーツキャスターのペ・ソンジェである。韓国ではもともと弟の方が知名度が高かったが、その多作ぶりもあり、2015年ごろには弟に追いつくほどに知名度を上げた。しかし、今なお「オリンピックやワールドカップシーズンになると(検索ランキングで)弟の名前が先に出る」と冗談をいうほどである。

兄弟揃って仕事が忙しく未婚であるため、今も両親と共に暮らしている。

公式サイト・SNS