八乙女光

Hey! Say! JUMP ジャニーズ

八乙女光について

八乙女光は、Hey!Say!JUMPのベーシストである。ラップや作詞作曲も出来る、才能に溢れたアイドルである。

最近では、Hey!Say!JUMP内のお笑い担当になっており、グループのムードメーカー的な存在である。非常に言い間違えが多く、ラジオ番組でもよくツッコまれているが、本人はいたって堂々としている。

有岡大貴と共に、『ヒルナンデス!』の火曜日レギュラーを務めている。演技力には定評があり、ドラマでも、重要な役柄を演じることが多い。同期は、手越祐也と玉森裕太である。

基本プロフィール

芸名 八乙女光 (Hikaru Yaotome)
本名 八乙女光 (Hikaru Yaotome)
国籍 日本
性別 男性
身長 175cm
体重 53kg
血液型 O型
誕生日 1990年12月02日 (29歳)
干支
星座 いて座

所属

参加グループ

Hey! Say! JUMP

事務所 ジャニーズ事務所
事務所入所年 2002
デビュー年 2002

好きなタイプ

八乙女光は、以前は大人な女性が好みであったが、最近では、自分とフィーリングが合うかどうかが、重要なのだという。

自分の面白い話や冗談で笑ってくれたり、笑いのツボが一緒だったりすることが、大切なのだそうで、「価値観が一緒だと、尚良し」とも話している。

とはいえ、大人の包容力には、相変わらず魅力を感じるらしく、たまに自分を甘えさせてくれる、心の広い人が好みである。また、好奇心旺盛で、趣味がたくさんある子、優しい子、ショートカットの子が好みである。

「服装は、ラフでカジュアルな感じが好きだ」と話している。

性格

八乙女光は多才で、器用な努力家である。

仙台から東京に通っていた時は、毎週ダンベル入りのバッグで、鍛えていたという逸話がある。「頑張れば絶対、後々に繋がるので、努力は苦にならなくなってくる。年を取っても、バリバリでいたいから」と、自身のストイックさを語っている。

真面目な性格で、テレビ番組で三味線を披露する時も、「最初の頃の練習では、あまりの手首の痛さに、絶望した」と言うが、猛特訓の成果もあり、先生に褒められたという。最終的には、三味線を買い取っている。

「家を買って、みんなで暮らすことが母の夢なので、家を買ってあげたい」と話す、親孝行な優しい性格でもある。もともとは気が小さく、コンサート前には、緊張で吐きそうになることがある。

「家では、ソファの隅で三角座りしているタイプ」と、薮宏太に暴露された(八乙女いわく、営業妨害になるから言わないで欲しいこと)。グループ内では年長組なので、怒る時はしっかり怒る、父親のような役割も果たしている。

純粋な為、「彼女との妄想も、結婚後からがスタートになる」と言い、下ネタが、ほとんどわからない時期が長くあったという。

趣味

八乙女光の趣味は、音楽鑑賞、車の雑誌を読むことである。

一時期ゲームにもハマっており、ジャンルの違うゲームを同時進行で、4つもプレイしていたことがあった。現実の世界より、ネット世界での方が、友達が多いという。

嵐の二宮和也ほどではないが、かなりのゲーマーである。どちらかというとインドア派なので、家でのんびり音楽を聴きながら、家事や料理をして過ごす休日が多いらしい。サバイバルゲームをやっていた時期もあるそうだ。

特技

八乙女光の特技は、ものまねである。テレビで積極的に披露しているが、微妙な完成度である場合が多い。時々、クオリティの高いものまねが飛び出すことがある。

ベースも得意で、実際にHey!Say!JUMPのベース担当になっているが、それぞれのベースに名前をつけて、愛用しているという。

また、絵を描くことが好きで、メンバーのイメージをデザインしたり、コンサートグッズのデザインをすることもある。雑誌に、絵のコーナーがあったり、Hey!Say!BESTの衣装のデザインをしたこともある。

デビュー前の経歴

八乙女光は小学生から、アクタースタジオ仙台校でダンスを習っており、当時から、Kink KidsやKAT-TUNのバックで踊ることを夢見ていた。

ジャニーズ事務所に入ったきっかけは、Kink KidsやKAT-TUNのバックで踊る夢を叶える為、母親にお願いして、履歴書と自分が踊っているビデオをジャニーズ事務所に送ってもらったという。

八乙女が踊っているビデオをジャニー社長が見たことで、2002年12月に、ジャニーズ事務所に入所した。中学卒業後に上京し、2003年にYa-Ya-yahの新メンバーとして、加入した。

2003年のドラマ『3年B組金八先生』の丸山しゅう役で、鮮烈なドラマデビューを果たす。ジャニーズJr.のユニットのKitty、TU→YUにて活動していた。

Hey!Say!JUMP結成時に、「センターじゃなくなるけど、新しいグループのこと、よく考えてみて」と事務所の人に言われた時に、薮宏太と目で交わした会話と、その時の薮の表情は、今でも忘れていないという。

出身・家族・学歴

兄弟 兄2姉
高校 堀越高校

周囲からの評判

八乙女光は、ファッションにあまり興味がなく、ファンからは「私服がダサい」と認識されている。

よく山田涼介に怒られるらしく、ファッション雑誌を見ていたら、山田が雑誌を取り上げ、ページを選び「こういうジャケットとかセーターとか着て!似合うんだから!」と、強めの口調で怒られるそうだ。

実際にそれを着ると、ファンがいち早く、八乙女自身のセレクトではないことに気付き、「山田の仕業か」と、かっこよくなった八乙女を残念がるという。

公式サイト・SNS

Hey! Say! JUMPのYouTube Channel

八乙女光の楽曲

すべての楽曲を見る

Hey! Say! JUMPのメンバー

八乙女光が作詞した楽曲

すべての作詞した楽曲を見る

八乙女光が作曲した楽曲

すべての作曲した楽曲を見る

関連するアーティストを見る