伊野尾慧

Hey! Say! JUMP ジャニーズ

伊野尾慧について

伊野尾慧は、ジャニーズ事務所所属のHey!Say!JUMPのメンバーである。テレビ出演などをしている時はなかなか映らなく、ファンは「見切れアイドル」と呼んでいる。ビジュアルは完璧だが声が高かったり、リアクションがおかしかったりするので、「正統派アイドル」には分類されていない。

ジャニーズに入ったら美味しいものが食べられると思ったという。また、猫が大好きである。こう見えてHey!Say!JUMPのお兄さんチームのHey!Say!BESTのメンバーである。同期に薮宏太・江田剛・山本亮太がいる。

基本プロフィール

芸名 伊野尾慧 (Kei Inoo)
本名 伊野尾慧 (Kei Inoo)
国籍 日本
性別 男性
身長 173cm
体重 54kg
血液型 A型
誕生日 1990年06月22日 (30歳)
干支
星座 かに座

所属

参加グループ

Hey! Say! JUMP

事務所 ジャニーズ事務所
事務所入所年 2001
デビュー年 2001

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

永野芽郁は、女性との噂が絶えないジャニーズ事務所所属の、Hey!Say!Jump!メンバーである伊野尾慧と、熱愛報道が出た。

しかし、来年公開する映画『ピーチガール』の番宣とも言われており、これといった記事も出ていない。実際の所は分かっていない。

一般人・不明・該当なし

2016年12月の文春の報道により、宇垣美里との交際が明るみに出た。お互いの家を行き来する様子が報じられている。

記事には、宇垣美里が週刊誌にとられたことを慌てて上司に電話していたことや、「慧くんと撮られた」と友人に電話していたことなども書かれていた。

一般人・不明・該当なし

シンガポールにある高級ホテルで明日香キララといるところを報道された。屋上のプールでふたりが手を繋ぐ姿が載せられていたが、熱愛報道後、明日香キララは自身のツイッターにて「お相手の男性とはお話ししていただけで、交際の事実も一切ないです」と否定した。

一般人・不明・該当なし

アナウンサーの三上真奈ら男女数名が、伊野尾のマンションを訪れていたことが文春で報道された。マンションに訪れたうちの数名の男女は帰宅。三上真奈だけは90分後に、1人でマンションから出てくる様子をスクープされたことから、交際していると疑われた。

好きなタイプ

伊野尾慧は自身の好きなタイプについて雑誌などで、自分に正直な子、料理上手な子、空気の読める子、髪型は似合っていればなんでもいいがロングが好み、ナチュラルメイクでまつ毛の長い子、フワフワした可愛らしい服装の子と述べている。

また、「女の子があざといのは全然OK!」と言っており、駆け引きにはすぐに引っかかる自信があるそうだ。 あざといアプローチも駆け引きもなんでもござれではあるが、メンクイなところがあるので「可愛い子限定」なのかもしれない。

性格

伊野尾慧が若いころは人見知りが激しかった。場を盛り上げるためにインタビューで適当なことを答えることがあるという、善し悪しは別として高いサービス精神の持ち主である。

キャラクター的にテキトーと言われ「テキトー王子」と呼ばれることが多いが、大学は4年できっちり卒業しており、高校時代も課題が多いことで有名な高校で芸能活動と学校を両立させた努力家である。

根が真面目な性格なので学業にはきちんと取り組んでおり、大学のグループ研究はドイツの大学で展示されるなどのインテリである。母親からは「素直に意見を言える子」と言われている。

見た目はフワフワしているがとても優しい性格。自らは積極的に自分の話はしないが、話を振られると話す控えめな性格。メンバーから聞き上手と言われている。

グループ内では「ライブなどでグループ全体が暴走してもバランスをとってくれて、いつも冷静に全体を見ている」(知念侑李)「物事を俯瞰で見てる」(中島裕翔)と評価されており、冷静な性格であることが知られている。

趣味

伊野尾慧の特技はピアノである。コンサートでキーボードを演奏したりドラマの役どころにも活かしたりしている。Hey!Say!JUMPでキーボードを担当しているが映像では顔が映らず、綺麗な手元だけが映っていたりすることもある。

特技

伊野尾慧の特技は建築である。大学で建築学を学んでおり、学校の図書室をリフォームしたり雑誌にて建築関係の仕事をするなど、建築アイドルの異名を持つほどになっている。

また、自身がレギュラー出演している番組で、災害に会った地域の復興支援に携わったりと、特技を活かした活動もしている。テレビ番組でDIY企画があった時もCADソフトを使いこなしている。2級小型船舶免許も持っており、出演番組で船の操縦姿を披露したりしている。

デビュー前の経歴

伊野尾慧が子どもの頃はよく女の子に間違えられたそうだ。父親は卓球で全国大会に出場したことがあるほどで、伊野尾慧自身も中学時代卓球部に所属していた。しかし小学校~中学校時代は運動は苦手だったそうで、卓球部でも幽霊部員だった。

小学3年生の時にジャニーズ事務所へ履歴書を送ったが、返事が来たのは小学5年生になってからだった。所属してからは、ジャニーズJr.のユニットのmint・J.J.Expressなど、多数のユニットに参加していた。

Hey!Say!7のメンバーに選ばれなかった時は、悔しさのあまり母親に相談したところ「悔しい気持ちはきちんと伝えた方がいい」と言われ、ジャニー社長に伝えに行ったそうだ。

芸能活動がしやすい高校に進学しなかったのは、仕事以外の友達が欲しかったからだという。

しかし、Hey!Say!JUMPとしてデビューすると友人がいなくなったと、かなりつらい高校時代を過ごしたことを雑誌で語っている。

高校に行く意味も卒業する意味も見出せなかったが、母親に「本当にそうか?」と問われ、高校卒業資格を取って大学に行けば高校に行った意味もあると考え、高校2年の時に大学進学を決めた。仕事が少なかったので毎日大学に通えたそうだ。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 東洋高校
大学 明治大学

周囲からの評判

伊野尾慧はV6の岡田准一から、「いつも眠そうでかわいくてムカつく」とテレビで言われている。この発言から伊野尾慧に注目が集まり、「伊野尾革命」とまで呼ばれている。とにかくジャニーズ内外の先輩にあたる人たちから、可愛いと思われている。

また、ジェシーとは遠縁にあたる。伊野尾慧のテキトーさは、山田涼介に「生きてること自体がノリなんじゃない?(笑)」と言われるほどだが、幼稚園の運動会の徒競走で、手を振りながら歩いてゴールしたという逸話があるほどなので、筋金入りの天然テキトー王子である。

Hey! Say! JUMPのYouTube Channel

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

伊野尾慧の楽曲

すべての楽曲を見る

Hey! Say! JUMPのメンバー

関連するアーティストを見る