チョン・グァンリョル

韓国の俳優・韓流スター

チョン・グァンリョルについて

チョン・グァンリョルは1980年に、TBCのタレント公募に合格し、俳優の道に入るが、しばらく売れない時期を過ごしていた。

1999年の『青春の罠』で、おおらかな、人間味あふれる財閥二世を演じ、注目を浴びるようになる。その後、同年に韓国ドラマ史上最高の視聴率を記録した、時代劇『ホジュン 宮廷医官への道』の主役に抜擢され、一挙に有名俳優となる。

基本プロフィール

芸名 チョン・グァンリョル (Jeon Kwang Ryul)
本名 チョン・グァンリョル (Jeon Kwang Ryul)
国籍 韓国
性別 男性
身長 173cm
体重 72kg
血液型 A型
誕生日 1960年02月11日 (60歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 TheCNT

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョン・グァンリョルは1995年に、スタイリストである、パク・スジンと結婚した。2人には、息子が1人いる。

妻のスジンは、元々放送作家をしていたが、韓国初のスタイリストとして、日々夫のために、衣装を直接準備するなどして、サポートしている。さらに1994年には、イ・サンウの「悲愴」の作詞をしたことでも、話題になった。

結婚して、20年以上が経っても、グァンリョルは妻のことをベタ褒めしているそうだ。

趣味

チョン・グァンリョルの趣味は、テコンドーである。

特技

チョン・グァンリョルの特技は、ファゴット演奏である。

出身・家族・学歴

兄弟 弟、妹
大学 チュゲ芸術大学

周囲からの評判

チョン・グァンリョルの一家が、2012年のテレビ番組『良い朝』に出演することが、発表された。妻のパク・スジンと、息子のドンヒョク君と共に、5年ぶりに家族と共に、テレビ出演をする。

ソウル、方背洞(パンベドン)に位置している、グァンリョル一家の家は、スタイリストの妻の好みとは違い、100%グァンリョルの好みで作られたそうだ。

ワインが好きなグァンリョルのため、特別なワインキャビネットや、オリエンタル風の小物や、家具が組み合わされ、高級な雰囲気を演出しており、世間から羨望の眼差しを受けた。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る