チョン・イナ

韓国の俳優・韓流スター

チョン・イナについて

チョン・イナは、1985年のドラマ『草原に浮かび上がる星』でデビューした、韓国の俳優である。

デビュー後も、ドラマ『製パン王キム・タック』や、『憎くてももう一度』、『いとしのクム・サウォル』などに出演した。2002年には、百想芸術大賞で、最優秀演技賞を受賞している。

俳優ユ・ドングンと結婚し、1男1女を設けた。

基本プロフィール

芸名 チョン・イナ (Jun In Hwa)
本名 チョン・イナ (Jun In Hwa)
国籍 韓国
性別 女性
身長 163cm
血液型 B型
誕生日 1965年10月27日 (54歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 imagineasis
デビュー年 1985

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2010年10月14日放送されたSBS『真夜中のTV芸能』でチョン・インファは「時代劇にキャスティングされたが、私が演技ができないから紹介して貰ったのがユ・ドングン氏だった、たくさん教えてもらったがドラマが終わって練習が終わるまでほめて貰えなかった」と笑いながら話した。

チョン・インファは大学卒業後すぐ、ユ・ドングンと結婚した理由について「当時結婚は既に私に運命のようだった、本当に慎重な人で、私には陰のような人な気がして卒業して23歳の時、すぐ結婚した」と話した。

チョン・イナは1989年に、9歳年上の俳優、ユ・ドングンと結婚した。

ドングンは、時代劇の王様俳優として、人気がある。2人は、共にCMや放送に出演し、韓国を代表するおしどり夫婦として、有名である。

2人の結婚式の写真などが公開され、世間の視線を集めた。

性格

チョン・イナは、知的で、物静かなイメージを持つ女性である。

趣味

チョン・イナの趣味は、ボウリングである。

特技

チョン・イナの特技は、ゴルフである。

出身・家族・学歴

大学 中央大学演劇映画学 学士

周囲からの評判

チョン・イナは、撮影中に倒れたり、点滴を打ちながら、撮影に挑んだりといった、ストイックなエピソードがあり、世間を驚かせた。

また、『王と私』の撮影時、連日撮影の遅れで、家に帰れないイナを心配した夫のユ・ドングンが、監督らを相手に、大立ち回りをしたことがある。こういったエピソードもあり、周囲からおしどり夫婦として、よく知られている。

整形

なし

関連するアーティストを見る