中田喜子

中田喜子について

中田 喜子(なかだ よしこ、1953年11月22日- )は、日本の女優である。本名:山崎 喜子。

代表作にはTBS系ドラマ「渡る世間に鬼ばかり」があり5人姉妹の三女文子を演じている。実際の私生活でも5人姉妹だが三女ではなく末っ子である。ドラマや映画のほかバラエティ番組にも多数出演経験がある。

東京都中央区出身。麹町学園女子高等学校卒業。所属事務所はホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属となった。

身長155cm。血液型はA型。

基本プロフィール

芸名 中田喜子 (Yoshiko Nakada)
本名 山崎 喜子 (Yoshiko yamazaki)
国籍 日本
性別 女性
身長 155cm
血液型 A型
誕生日 1953年11月22日 (66歳)
干支
星座 さそり座

所属

デビュー年 1972

好きなタイプ

好きなタイプはイケメンである。芸能人で言うなら渡哲也が好きである。

私生活では1979年25歳のときに、CMの仕事で知り合った12歳年上の広告制作会社社長と結婚したが2007年に離婚している。

性格

幼い頃から笑うことが好きだったという明るい性格の持ち主である。

離婚後に一人暮らしをするようになってから、毎朝洗面所で洗顔をし、鏡に向かって5分ほど声を出し、笑顔の練習をしている。毎晩おフロに入ったとき湯船に浸りながら、50音の「あ行」から「わ行」まで発音し、顔の筋肉を動かし笑顔の練習をしている。

趣味

健康法にこだわりを持ちいろいろ試すことが好きである。食べ物では、グァバ茶、昆布酒、生姜、テンペを取り入れている。サラダにはドレッシングをかけない等徹底している。

太りやすい体質のためピラティスやヨガ等運動を取り入れている。

サッカー観戦が好きで生中継を観て楽しんでいる。

DIY好きのためホームセンターへよく行きお気に入りの電動工具を見つけてはテンションを上げている。

特技

特技は20代から始めたD.I.Y.で、プロ級の腕前であるため「元祖D.I.Y.の女王」と呼ばれている。

壁のペイントや壁紙の張り替え、ふすまの張り替え、椅子作り、椅子の張り替えや飾り窓の取り付け、パーテーション作り、ベッドのソファーへのチェンジ等を、自分で一人やっていてプロ級の腕前である。自分のD.I.Y.の参考にするために、建築中の家を見に行って、職人にいろいろ質問したことがあるほど熱心である。毎年幕張メッセで開催される「D.I.Y.ショー」にも、自分で作った作品を出品している。

デビュー前の経歴

1971年、クラウンレコードから歌手デビューを果たす。

女優としては1972年、テレビドラマ『お祭り銀次捕物帳』でデビュー。

『仮面ライダー』へのレギュラー出演などを経た後、1974年の『やっちゃば育ち』でヒロイン役に抜擢。

橋田壽賀子両氏の作品には多く出演していて、特に『渡る世間は鬼ばかり』の三女・文子役は20数年に渡って演じたキャラクターである。

出身・家族・学歴

兄弟 姉が4人いる
出生国 日本
出生地域 東京都
高校 麹町女子高校
大学

家族のエピソード・詳細

現在は一人暮らしである。

解散・引退について

2019年現在引退はしていない

周囲からの評判

姉妹と仲が良くDIYの腕前を信頼されている。得意のDIYで姉の家のリフォームを頼まれたことがある。

整形

整形に関する情報はない

好きな食べ物

お好み焼き、無農薬いちご

公式サイト・SNS

公式サイト https://www.horipro.co.jp/nakadayoshiko/
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る