チャン・ジャヨン

韓国の俳優・韓流スター

チャン・ジャヨンについて

チャン・ジャヨンは2006年に、ロッテ製菓のCMに出演し、女優デビューをした。

その後、ドラマ『花より男子』に出演し、ヒロインのクム・ジャンティ(ク・ヘソン)に敵対する、女子三人組の内の一人、サニーを演じて注目を浴びた。

ジョヨンは鬱を患っており、投薬治療を受けていた。しかし、2009年3月7日に自宅で首をつり、自殺した。自殺した時点で、出演映画がすでに、2本撮影されていたという。

基本プロフィール

芸名 チャン・ジャヨン (Jang ja yeon)
本名 チャン・ジャヨン (Jang ja yeon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 168cm
誕生日 1980年01月25日 (43歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

参加グループ
事務所 なし
デビュー年 2006

デビュー前の経歴

チャン・ジャヨンは、1999年に交通事故で両親を亡くし、姉や弟共に暮らしてきた。

出身・家族・学歴

兄弟 姉、弟
大学 朝鮮大学大学院

周囲からの評判

チャン・ジャヨンは、2009年3月に、自宅で首をつり自殺をした。

その後、「31人に100回以上の酒接待、性接待を強要された」と、直筆で残した文書が公開され、社会的波紋が広がった。その文書には、接待場所が細かく記録されていたり、相手の名前、職業まで、几帳面に書き込まれていた。

その中には、芸能プロダクションや制作会社関係者、大企業、金融機関、報道機関関係者が、多数含まれているとのことだった。「復讐してほしい。接待から抜け出す方法がない。接待を受けに来た男性は、悪魔だ。100回以上、接待に引っ張られて行った。新しい服を着るときは、また別の悪魔に会わなければならない」と、当時の壮絶な状況が、描写してあった。

整形

チャン・ジャヨンは、過去に4回整形した。