ユン・ジヘ

韓国の俳優・韓流スター

ユン・ジヘについて

ユン・ジヘは、1998年の映画『女子高の怪談』でデビュー。その後、2000年『青春』、2006年『礼儀のないやつら』、2014年『群盗』、『礼儀なき者たち』など立て続けに出演し、知名度を上げた。

出演した作品の中でも、『群盗』では、女優の出演がユン・ジヘのみで、紅一点で演技を見せ、男性キャストに負けない存在感を見せつけた。

基本プロフィール

芸名 ユン・ジヘ (Yoon Ji Hae)
本名 ユン・ジヘ (Yoon Ji Hae)
国籍 韓国
性別 女性
身長 170cm
体重 46kg
誕生日 1979年11月10日 (40歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 C-JESエンターテイメント

好きなタイプ

ユン・ジヘは自身のタイプについて、「お酒を飲む時に一緒にいて欲しい人は、チョ・ジヌン。自分がイライラしているときは、イ・ドンソクと一緒にいたい。また、美味しいものが食べたいなと思う時は、カン・ドンウォン。笑っていたいような気分の時は、ハ・ジョンウみたいな人と一緒にいたい。」と、共演した俳優に当てはめて回答している。

性格

ユン・ジヘは、自分をしっかりと持ち、必要以上に媚びを売る事がなく、クールな性格である。

また、報道陣の意地悪な質問にも直球で返すため、しばしば性格のきつい女優として報道のターゲットにされる事もあり、本人としても辛い時期があったと漏らしている。

趣味

ユン・ジヘの趣味は、自由な時間があればよく人と会ったりしている。また、一人の時間も大切にしており、「将来どのような女優になろうか」など自問自答し、考えを整理する事が好きである。

特技

ユン・ジヘの特技は、配役によって顔の表情を大きく変化させる事である。そのため強気な女性に見える時もあれば、柔らかな雰囲気の女性に見える時もあり、演技技術はトップクラスである。

デビュー前の経歴

ユン・ジヘは、中学時代から周りに美人だと言われるほど容姿端麗な人気者であった。そのため人前に立つ事にも慣れており、この頃から将来は演技女優になると心に決めていた。

その後、ソウル芸術大学を卒業したジヘは、順当に演技の道へと進み、技術のベースを学んだ。

しかし、今でこそ演技派と言われる彼女だが、女優になりたての時期は緊張で手が震えて、声も出なかったと振り返っている。

出身・家族・学歴

兄弟
大学 ソウル芸術大学校演劇科

周囲からの評判

ユン・ジヘは映画『群盗』にて、女優たった一人で演技をやりきった事で知名度が一気に上昇した。

俳優のキャスティングには、ハ・ジョンウ、カン・ドンウォン、チョ・ジヌン、マ・ドンソクなど有名どころが集まったが、その中でも彼女の存在感は薄れる事なく、むしろ際立っていた。それほどまでに彼女の演技力は高く、ユン・ジヘの出世作にもなっている。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る