ビル・スカルスガルド

ビル・スカルスガルドについて

ビル・スカルスガルドは、スウェーデン出身の俳優。2010年、映画『シンプル・シモン』でアスペルガー症候群の主人公を演じ注目を集める。2012年、第62回ベルリン国際映画祭で、ヨーロッパの期待の若手俳優としてシューティング・スター賞を受賞した。2017年、映画『『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で大ブレイク。

2016年『ダイバージェントFINAL』でハリウッドデビューを果たす。映画『アトミック・ブロンド』『デッドプール2』などに出演。

基本プロフィール

芸名 ビル・スカルスガルド
本名 ビル・スカルスガルド (Bill Skarsgard)
ニックネーム
国籍 スウェーデン
性別 男性
身長 192cm
血液型
誕生日 1990年08月09日 (29歳)
干支
星座 しし座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年
デビュー年 2000

好きなタイプ

性格

演技をする時には、その役柄と交際しているように感じる。演技中はのめり込み、抜け出してからやっと客観的に自分を取り戻す事ができるという。

趣味

趣味は多くないが、仕事以外の時間は家族や友達と会って過ごしている。

特技

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ではピエロのペニーワイズ役を演じたが、外側を向いている両目や妙に突き出した形の口はCGメイクではなく、ビル・スカルスガルドの特技によるもの。

デビュー前の経歴

2000年、映画『White Water Fury』でデビュー。2009年にストックホルムの名門校セードラ・ラテン・ギムナジウムを卒業後、本格的に俳優のキャリアをスタート。

出身・家族・学歴

兄弟 8人兄弟
出生国 スウェーデン
出生地域 Stockholms län
高校 セードラ・ラテン・ギムナジウム
大学

家族のエピソード・詳細

スウェーデンの芸能一家生まれ。8人兄弟の四男。父親は、俳優のステラン・スカルスガルド。長男のアレクサンダーは、映画『ターザン:REBORN』でブレイク。次男のグスタフもノルウェー映画『コン・ティキ』に出演。妹エイヤはモデルの経験がある。五男のヴァルターも、子役からキャリアをスタートさせ『Black Lake』に出演。

解散・引退について

周囲からの評判

映画『IT “それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ監督は、「予測が出来ない役者だ。すぐに目についた」と話し、原作者スティーヴン・キングも「誇りに思うよ」とビル・スカルスガルドを絶賛。

整形

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る