ハン・チェヨン

韓国の俳優・韓流スター

ハン・チェヨンについて

ハン・チェヨンは、韓国の女優。韓国の大邱広域市で生まれ、幼い頃にアメリカに移住した。

シカゴにある高校を卒業し、韓国に旅行に来ているとき、インサドンにて偶然コメディアンのジョン・ユソンのお店に入ったのだが、その時彼の目に留まり、芸能界への一歩を踏み出した。

2000年にモデルデビューと同時に、ドラマ『秋の童話』に初出演。心優しい主人公を、執拗にいじめる悪女役を演じた。

2003年『ワイルドカード』では、ヤン・ドングンの片思い相手である女刑事役では、存在感を見せた。

2005年には、韓国の古典小説「春香伝」の現代版パロディードラマ『快傑春香』で主演を演じた時には、演技もだいぶ上手になり、視聴率も30%以上を記録、人々からも認められるようになっていった。

基本プロフィール

芸名 ハン・チェヨン (Han Chae Young)
本名 キム・ジヨン (Rachel Kim)
国籍 アメリカ
性別 女性
身長 172cm
体重 47kg
血液型 A型
誕生日 1980年09月13日 (40歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 BS COMPANY
デビュー年 2000

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2001年、同じ事務所であったウォンビンとハン・チェヨンは、一緒に演技指導を受けるなど共に過ごす時間が多かったことからお互いに好感を抱く。

その後、ウォンビンとハン・チェヨンは江南一帯で食事を楽しんだり、映画を見たりしながらデートを楽しんだ。ハン・チェヨンはウォンビンの大学卒業や、軍人大学への入学などの問題から世間の噂となり、つらい時期があったがそれでも別れず、傍でウォンビンを支えてきた。

ウォンビンとハン・チェヨンの交際は両家とも公認していた。アメリカに住んでいるハン・チェヨンの母親が韓国に来るたびウォンビンは会いに行っていたという。しかし2003年にウォンビンとハン・チェヨンはお互いのスケジュールが合わないことが続き別れてしまう。

一般人・不明・該当なし

ハン・チェヨンは、19歳の時に現在の夫である4歳上の実業家チェ・ドンジュンと出会う。2006年頃から恋愛関係に発展し、2007年6月に2人は結婚した。 お互いの結婚の決め手として、ハン・チェヨンは「彼は優しく思いやりがあり、私の事を、ずっと見守ってくれた人。この人となら、ずっとありのままの姿で、一緒に生きていけると確信が持てた。」と答えた。 チェ・ドンジュンは「彼女の飾り気のない明るい姿と、温かい家庭で、愛情を沢山受けて育ちながら身に着けたのであろう礼儀正しさに惚れた。」と答えた。 ハン・チェヨンへのプロポーズに際する贈り物が、大きな話題を呼んだ。7カラットのダイアモンド指輪(5000万円相当)と、ベンツをプレゼントしたという。 「世界で一番美しい妻のために、何ももったいないことはない。僕は、チェヨンさんの笑顔だけもらえれば充分だ。」というチェ・ドンジュンのコメントに、妻への溢れる愛情が伺えた。

好きなタイプ

2010年に公開された映画『グッドモーニング・プレジデント』で、チャン・ドンゴンの、心の中の恋人役として共演したハン・チェヨンは、幼い頃から俳優チャン・ドンゴンの大ファンだったという。

アメリカに住んでいる頃から好きだったそうだ。

「大好きだったチャン・ドンゴン先輩と共演することができて光栄。実際にお会いして、彼の人間性にも触れることができて、更にファンになりました」と答えた。

ちなみに夫は、「もともとは理想のタイプではなかった」との事。

性格

ハン・チェヨンの性格は、プラス思考だ。

三清洞にあるカフェで行なわれた、映画『隣の家のスター』関連インタビューにて、「私は性格がいいんですよ」と答えながら笑みを浮かべた。

彼女曰く、あまり物事を深刻に悩むことが嫌いな単純な人間。悪い事があっても、いつまでもそのことを考え込まない。

悩まないから決断力も早いし、余計なことでストレスも溜まらないという。

また、2017年放送、様々な過去を持つ芸能人6人が、新たな夢に向かい挑戦をするというバラエティ番組『オンニたちのスラムダンク』で明るい姿をいつも見せたチェヨン。

共演者のキム・スクは、ハン・チェヨンは外見だけ見るとお高くとまっていて、女王様という感じだが、実は召使いっぽかった。」と冗談交じりに言い、「自分のものを、他の人に分けてあげることを惜しまない」と付け足した。

過去に、友人のイン・インヘが明かしたエピソードによると、ある番組の中で隠しカメラをつけながら、「お金を貸してくれないか」とハン・チェヨンにお願いしたところ、莫大な金額だったにも関わらず、あっさりと「貸してあげるよ」と答えたという。

彼女は、自分の損得をあまり考えない、寛大でプラス思考な性格なのだ。

趣味

2000年、アメリカの玩具メーカーマテル社より、「バービー人形に似ている女性」として選ばれ、バービー人形広報大使を任されたことがあるハン・チェヨンの趣味は、バービー人形を集めるのが好きらしい。

すらりとした長い足に、大きな胸、はっきりとくびれた腰のラインは、本当にバービー人形に似ている。足が長くて腰が短いため、腰を鍛えるために腹筋運動を毎日行うという。

幼い頃から、器械運動やフィギュアスケートをしていたことも、バービー体型を作り上げるのに大きな影響を与えた。

特技

2013年2月、KBS2のバラエティ番組『芸能街中継』にてハン・チェヨンは、小学校3年生から高校1年生まで、フィギュアスケートをしていたと明かした。

ダブルアクセルもできるといい、皆をびっくりさせた。選手になろうと練習を重ね、学校代表でスケート大会に出場し、2位を獲った事もある。

ソチオリンピックの時、キムヨナ選手が銀メダルを取った時、ふと思い出して、久しぶりにフィギュアスケートをしてみたら、転んで足にひびが入ってしまったらしい。

デビュー前の経歴

韓国の大邱広域市で生まれで育ち、幼い頃にアメリカに移住したハン・チェヨンは、小学校3年生の時、フィギュアスケートを始め、その魅力にはまり、日々練習を重ねていた。

実力の方も日増しに伸びていき、フィギュアスケートの選手になりたいという夢を持つようになった。学校代表として州立フィギュアスケート大会に出場し、2位を受賞したこともあるという。

その後、彼女はシカゴにある高校を卒業し、韓国に旅行に来ているとき、インサドンにて偶然コメディアンのジョン・ユソンのお店に入ったのだが、その時、彼の目に留まり、芸能界への一歩を踏み出した。

当時ジョン・ユソンの目に留まったのも、彼女の体型の美しさが大きな決め手になったのだが、フィギュアスケート時代に、土台が作られたのではないかと評判だ。

また、彼女がフィギュアスケートを諦めた理由の一つに、ハン・チェヨンは胸がとても大きいので、フィギュアスケートには不利な体型のである為、最終的に女優の道を選んだのではないかとも言われている。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 Gienbrook South High School
大学 東国大学校

周囲からの評判

ハン・チェヨンは、胸が大きすぎて悩んでいた時期があったという。胸が小さい女性からすれば贅沢な悩みだが、周囲の人が、「胸が大きい」というイメージだけで自分のことを判断することが多いからだという。

例えば、服を脱ぐ役柄はしたくない理由が、「映画などで自分がもし服を脱ぐシーンを演じたとしたら、きっと映画の内容よりも自分の体ばかりを見て、色々なことを言われたり、失望されると思う。」からだそうだ。

彼女は、ソン・ヘギョが主演のドラマ『秋の童話』でデビューしたのだが、「消してしまいたい。」という程、ひどい演技だったことを自分自身も認めている。演技だけではなく、発音自体もひどかった。

しかし、世間からのバッシングにもめげず、演技を猛特訓し、徐々に人気を得るようになっていった。中国でもいくつかのドラマに出演したことがあるが、中国では最初から大人気だったという。

整形

ハン・チェヨンの整形の噂は、あり。二重まぶた整形。本人も認めている。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る