ハン・ダミン

韓国の俳優・韓流スター

ハン・ダミンについて

ハン・ダミンは、2004年に映画『カリスマ脱出記』でデビュー。当時、俳優のキム・テヒに似ているということで話題を呼んだ。その後も『ソウル1945』、『透明人間 チェ・ジャンス』、『そばにいるとき優しくして』、『コーヒープリンス1号店』などに立て続けに出演し、演技力を磨いていく。

出演作品の中でも、2007年にSBSで放送された『王と私』では恭恵(コンヘ)王妃役を熱演し、多くの視聴者を魅了。トップ女優の仲間入りを果たす。私生活でも2012年に結婚し、二人の息子をもうけるなど順風満帆な生活を送っている。

基本プロフィール

芸名 ハン・ダミン (Haan Daa Min)
本名 ハム・ミナ (Ham Mi Na)
国籍 韓国
性別 女性
身長 158cm
体重 47kg
血液型 B型
誕生日 1983年11月01日 (36歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 アートアークエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

ハン・ダミンは、2012年に一般人男性と結婚した。詳細は公開されておらず、現在は二人の子供と四人家族である。

好きなタイプ

不明

性格

ハン・ダミンは、ボーイッシュで好奇心旺盛な性格である。

幼い頃からテコンドーを習い、体を動かすことが大好きな少女であり、時には同じクラスの男の子たちとつるんでは取っ組み合いのケンカをすることもあった。

また、芸能界に入ってもそのスタイルは変わらず、「どんなにスタイルが良くて肌がきれいでも、健康が第一!」と語り、食事と運動に気をつけて過ごしている。

趣味

ハン・ダミンの趣味は、散歩、水泳、読書である。反対に、一般女性が好きなメイクなどには一切関心がない。そのため、今現在も、自分の化粧の仕方がよく分からないという。

特技

ハン・ダミンの特技は、アクション演技やテコンドーである。

デビュー前の経歴

ハン・ダミンは、もともと運動が大好きで男の子と一緒に近所を駆け回るような少女であった。

中学高校では、負けず嫌いな性格で、スポーツも勉学も一生懸命取り組み、慶熙大学に進学。当時は、「慶熙大のキム・テヒ」と言われるほどあちこちで噂が立つほど有名人であった。

その後は、CM出演をきっかけに芸能界入りし、2004年の映画『カリスマ脱出記』で正式なデビューを果たした。

出身・家族・学歴

兄弟 姉、弟
高校 漢栄外国語高等学校
大学 慶熙大学校

周囲からの評判

ハン・ダミンは幼い頃から活発で、見た目も男の子のような少女であった。そのため本名のミナは、「将来は」「美人」になりますようにとの意味を込めて美那と命名された。

また、家庭の教育方針も独特で、勉強よりも健康に生きろ、という教えのもと、すくすく成長した。そのため、メイクなどには興味を持たず、テコンドーや水泳など運動が好きで、食事にも気を遣っている。そんなナチュラルな生き方を支持する女性ファンは多い。

整形

なし

関連するアーティストを見る