ユン・ヒソク

韓国の俳優・韓流スター

ユン・ヒソクについて

ユン・ヒソクは、ドラマ、映画、ミュージカル、演劇と幅広く活動している俳優である。デビュー作は1998年のミュージカル『ターミナル』とされているが、舞台の世界に踏み出すきっかけとなったのは1997年のミュージカル『その踊り、もう一度』という作品である。

1998年には映画『坂の上に夏』という作品で映画デビューも果たしている。その他にも、2012年MBCドラマ『太陽を抱いた月』や、2012年KBS2ドラマ『ドリームハイ2』に出演し、近年では2015年SBSドラマ『恍惚な隣人』、2015年KBS2ドラマ『お願い!ママ!』に出演するなど活躍を続けている。

基本プロフィール

芸名 ユン・ヒソク (Yoon Hui Seok)
本名 不明 (不明)
国籍 韓国
性別 男性
身長 183cm
体重 77kg
血液型 B型
誕生日 1975年02月19日 (45歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 ウィルエンターテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

ユン・ヒソクは、2011年11月12日に予ねてから交際していた、5歳年下の一般人女性と結婚している。

二人は知人の紹介で知り合い、自然と親しくなり、約3年間の交際期間を経て結婚。結婚式は非公開で知人や親族のみで行われた。

好きなタイプ

ユン・ヒソクは自身の理想のタイプについてメディアで言及したことはないため、詳細は不明である。

性格

ユン・ヒソクは、自然体で飾らずまっすぐに自身の気持ちを伝える性格である。

また、テレビでも裏表のない発言を貫き、その自然体で話す姿が好印象となり多くのファンを集めた。

一方では、演技やミュージカルに関しては、人一倍思いが強く、自ら積極的に広報活動に取り組んだり、ミュージカルを通したボランティア活動なども行なっている。

趣味

詳細不明

特技

詳細不明

デビュー前の経歴

ユン・ヒソクは、幼少期から演者や俳優になりたいと思い、自ら志願して演技学校に通い始める。

そして、本格的な演技の勉強をしたいという気持ちから、韓国芸術大学校を受験し、見事合格をつかみ本格的に演技の勉強を始める。

また、イ・ソンギュン、チャン・ドンゴン、オ・マンソク、ムン・ジョンヒとは韓国芸術大学校時代の同期で、イ・ソンギュンとは特に仲が良かったという。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 不明
大学 韓国芸術総合学校演劇院

周囲からの評判

ユン・ヒソクは、美しい容姿と高い演技力から、ミュージカル界のチャン・ドンゴンと呼ばれている。

ドラマの出演についても、主役出演はわずかだが、ストーリーの重要人物として見事に演じるきるため、難しい役どころはユン・ヒソクに任せておけば大丈夫である、と業界でも噂されるほどの演技力を有する。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る