ユ・アイン

韓国の俳優・韓流スター

ユ・アインについて

ユ・アインは、2003年KBSドラマ『四捨五入』に出演し、芸能界に俳優としてデビュー。劇中で女優Araの恋人役のユ・アインを演じ話題となり、一気にスターダムをのし上がり、デビュー作にしてその名を世間に広めた。

2006年に公開された映画『俺たちに明日はない』で映画デビューしており、2008年公開の映画『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店』では、チュ・ジフンやキム・ジェウクと共に主役に抜擢され、元ボクシング選手でパティシエ見習いという役どころを演じた。

2017年には、映画の撮影中に負傷し病院へ行ったところ、負傷箇所の他に「骨腫瘍」が見つかり、経過観察が必要であると診断をされたことが発覚している。

基本プロフィール

芸名 ユ・アイン (Yoo A In)
本名 オム・ホンシク (Eom Hong Sik)
国籍 韓国
性別 男性
身長 179cm
体重 60kg
血液型 A型
誕生日 1986年10月06日 (33歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 UAA(ユナイテッド・アーティスト・エージェンシー)
デビュー年 2003

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ユ・アインとパク・ミニョンの2人は、噂はあるが交際の事実はなく、記事にもなっていないのだが、ドラマ『成均館スキャンダル』で共演しており、劇中では結ばれない役柄だったため、「2人が実際に交際したら良いのに…」と思うファンたちの話が噂になって広まってしまったようだ。

チョン・ユミと俳優ユ・アインが一緒に親しく映っている写真がネット上で話題となり、熱愛説が浮上した。しかし、二人は恋人ではなく、単なる親しい仲間なのだそう。

二人は、お互いの誕生日にお祝いをしたり、知人のパーティーに一緒に出席するなど私的な集まりはもちろん、公式な席上でも親しい姿を見せている。

好きなタイプ

ユ・アインは、理想のタイプとして女優イ・ミヨンを挙げている。「自分がまだ芸能界におらず、何者でもない普通の一人の男として生きていた時に、よく作品で見ていた尊敬する女性である。」と、理想のタイプの質問があるたびに答えている。

そして、2016年2月公開の映画『好きになって』ではカップル役で女優イ・ミヨンと共演を果たしており、その際には「僕の個人的な感情を最も反映した映画作品であります…(照れ笑い)」と話し、「積極的に仲良くなろうとしたり、わざとイタズラしてみたり、先輩である女優イ・ミヨンに頼る姿を積極的に作品に反映させた…少し言い訳っぽくなりますが…(笑)」とコミカルに語っている。

美しいだけでなく、頼りになりしっかりしている、だけれどどこか可愛らしい印象のある女性に魅力を感じるようだ。

性格

ユ・アインは自身の性格を、「一途で向上心のある性格である」とインタビューで話している。

2013年のドラマ『チャン・オクチョン』では皇太子イ・スン役を演じていたが、このイ・スンは一人の女性を一途に愛し、王になり国を動かす時にはより強い政治を…と心に決めて行動する姿が描かれており、この役どころについてユ・アインは「逃したくない配役だった。自身の性格に似ている点があり、より愛着が湧いたようだ。」と話している。

また、一途という点は、芸能界に入ってから「理想のタイプは?」という質問を受けた際には必ず「女優イ・ミヨンさんです。」と一人の女優の名前を挙げ続けていることからも読み取れる。

趣味

ユ・アインは、ピアノ、映画鑑賞が趣味である。

ピアノは、2014年に放送されたJTBCドラマ『密会』の中で、ピアニスト役を演じており、実際に演奏するなど腕前を披露している。また、この『密会』は、日本の小説『東京タワー』を基に作られたドラマであり、劇中では不倫にハマってしまうのだが純愛を貫く、儚くも魅力的なピアニスト、イ・ソンジェを演じ、見事な演技力で視聴者を釘付けにした。

特技

ユ・アインは、水泳、スキー、スノーボードが得意である。プロフィール欄には記載されているが、詳細は不明である。

デビュー前の経歴

20歳でデビューしているユ・アインは、高校時代に美術を専攻しており、西洋画を学んでいたようだ。

街中でスカウトされ、芸能界に足を踏み入れることとなるが、「演技者になってやる!」という気持ちよりは、「必ず芸能人になるんだ!有名になるんだ!」という気持ちの方が強かったという。

スカウトされ、芸能事務所に入るが、今後どういった方向性で芸能界に進出するか相談し、歌手として活動してみようということになり、ボーカルレッスンを受けていた過去を持つ。しかし、歌唱力がないということが発覚し、歌手としての道は向いていないと言われ断念することとなった。

出身・家族・学歴

兄弟 姉2人
高校 ソウル美術高等学校
大学 なし

周囲からの評判

初めて所属した芸能事務所の当時のマネージャーがユ・アインという芸名を付けてくれたという。

数ある候補の中で「ユ・アイン」は語呂も良かったし、芸能人らしさもあり、かっこよく思ったという。そして「ユ・アイン」の「アイン」には、ドイツ語で「一つ」という意味があるということから気に入って芸名として選択した。

しかし、後々聞いてみたら、特に意味もなく語呂や音の響きから、良いと思って作成した名前だったということが明らかになっている。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る