ヤン・ヒギョン

韓国の俳優・韓流スター

ヤン・ヒギョンについて

ヤン・ヒギョンは、1975年、大学卒業後に地方の劇団に入団し、初舞台を踏んでいる。そして10年後の1985年に、『韓氏年代記』にて正式に舞台女優としてデビューを果たす。

その後、活動の場をテレビや映画に広げ、2005年MBCドラマ『頑張れクムスン!』や、2007年KBS2ドラマ『ダルジャの春』など数多くの作品に出演し、名脇役として芸能界での良い位置を獲得している。歌手であるヤン・ヒウンは実姉であり、映画俳優のハン・スンヒョンは息子である。

基本プロフィール

芸名 ヤン・ヒギョン (Yang Hee Kyung)
本名 ヤン・ヒギョン (Yang Hee Kyung)
国籍 韓国
性別 女性
身長 0cm
体重 0kg
血液型 A型
誕生日 1954年12月03日 (65歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 不明

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

ヤン・ヒギョンは1997年に、長年の別居していた夫と離婚している。その後、実姉であるヤン・ヒウンの紹介で知り合った輸入家具商をする一般人男性キム・グァンチョルと再婚している。

初婚の頃に子供を2人出産しており(男児2人)、一人は映画俳優のハン・スンヒョンである。

好きなタイプ

ヤン・ヒギョンが、理想のタイプについて言及していることはないが、現在の夫であるキム・グァンチョルと再婚した際に「特別なプロポーズ等はなかったけれど、本当に底抜けに優しかった。そこに大変惹かれた。」と話している。

性格

ヤン・ヒギョンは、堂々としており、好きな事は好き、嫌いなことは嫌い、とハッキリとした性格である。

実姉であるヤン・ヒウンと共に芸能バラエティ番組に出演することが多いが、その際にMCがラップを披露ほしいと何気なく話を振ったところ、「私はやりたくない。あれはその番組の演出だったからやっただけで、得意でやっていることではないので。」と話し、MC達を困惑させるシーンがあった。

その後、他のエピソードの際には堂々とした意見を述べ、それが逆に笑いを誘うなどといった一面を覗かせた。

趣味

ヤン・ヒギョンの趣味は、料理をすることである。プロフィール欄には記載されているが、詳細は不明である。

特技

ヤン・ヒギョンの特技について詳細は不明である。

デビュー前の経歴

ヤン・ヒギョンは1985年の舞台『韓氏年代記』以前は、ソウル芸術大学校演劇科を卒業し、すぐに地方の劇団に参加し数々の舞台に出演し場数を踏んでいた。学生時代やデビュー前について言及している機会が少なく情報が極端に少ないので詳細は不明である。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 不明
大学 ソウル芸術大学校演劇学科

周囲からの評判

ヤン・ヒギョンの父親である故ヤン・ジョンギル氏は、陸士であり歩兵学校を卒業しており、その関係で韓国戦争に参戦。ヤン・ヒギョンの幼少期に韓国陸軍大佐予備兵となり、この世を去っている。

幼少期に父親を失い、母親と姉と共に逞しく育ってきたことと、母親が一生懸命自身と姉を守ってくれて、育ててくれたことに本当に感謝しているとし、自身が離婚し女手一つで2人の息子を育てなければならなくなった時も気丈に振舞い、できる努力を全てやったという程、逞しく堂々とした母親であり、女性であると評されている。

整形

ヤン・ヒギョンの整形の噂はない。

関連するアーティストを見る