ソヒ

Wonder Girls K-POP・韓国のアイドル

ソヒについて

ソヒは、JYPエンターテインメントの公開オーディションを通じて、ソネ、ヒョナに続き、3番目にWonder Girlsに合流した。Wonder Girlsでのポジションはサブボーカルだった。

2007年9月12日にリリースした1集アルバム『The Wonder Years』のタイトル曲「Tell Me」のミュージックビデオでのワンダーウーマン役や、歌の「オモナ」という印象的なパートを務め、大きな人気を得て「国民の妹」と呼ばれるようになった。

映画『お熱いのがお好き』でカンエ役を演じて、映画俳優も兼業する意思を明らかにしたことがある。

2013年12月21日付でJYPエンターテインメントとの契約が満了したが、歌手ではなく演技者としての新しい進路を模索するため、再契約を断った。2014年2月10日BHエンターテインメントに移籍した。2015年にWonder Girlsを脱退した。その後、2015年9月21日にBHエンターテインメントとの契約が満了し、2015年9月30日に新たにキーイーストへ移籍した。

2015年tvNのドラマ『Heart to Heart』で俳優チョン・ジョンミョン(コ・イソク役)の妹コ・セロ役を演じて、印象深い演技を残した。

基本プロフィール

芸名 ソヒ (SoHee)
本名 アン・ソヒ (An SoHee)
国籍 韓国
性別 女性
身長 165cm
体重 48kg
血液型 AB型
誕生日 1992年06月27日 (28歳)
干支
星座 かに座

所属

参加グループ

Wonder Girls

事務所 keyeast

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2012年にソヒと2AMスロンの熱愛報道が出た。所属会社JYPエンターテインメントは、二人の熱愛説を否定する公式立場を伝えた。

JYPエンターテインメントは「ソヒとスロンは親しい仲間の関係に過ぎない」とし、「所属のアーティストたちがいずれも打ち解けて仲良く過ごす仲が恋人のように見えたようだ」と明らかにした。また、クリスマスの朝という特別な意味がある時間に出会いを持った理由も「各自忙しいスケジュールで時間が合わないため、仕方がなかった事」とし、「特に二人の出会いが浮き彫りになったようだ」と釈明した。

2015年、ソヒと俳優キム・スヒョンとの熱愛説が出たが、所属事務所が15分程で友達の仲だと釈明した。

ソヒがキーイーストへの移籍後に出た初の記事が熱愛説であった上、キム・スヒョンの再契約時期と重なったことで話題となった。

好きなタイプ

ソヒは、2012年SBSラジオで「気楽な人が好きだがルックスも見る」と話した。

また過去に出演した『黄金漁場-ラジオスター』で話した理想は「明るくて笑っている人が好きだ。口が大きくて笑う時、三角模様を描く人がいい」と明らかにした。

理想は俳優のパク・ヘイルとも話している。

性格

ソヒは、MTVドキュメンタリー『Wonder Girls』やその他のバラエティなどを見ると、デビュー当初の姿は今とは違い、すごく明るい姿であった。事実、ヒョナの脱退以前は、ヒョナとタッグを組んでいつもふざけるキャラクターだった。

16歳当時、思春期に、想像もできない悪質な書き込みや、最も親しかった友達の脱退にかなり気苦労をしてきた。幸い、同い年であるソンミが残っており、ソンミの脱退後にはヘリムが合流し、当時よりよくなった。

ただ、その後も明るいキャラクターではなく、人見知りで無表情で淡々とした性格である。悪質な書き込みの影響で、放送ではさらに慎重な姿を見せる。

趣味

ソヒのプロフィールによる趣味は映画、音楽鑑賞、読書、眠る事である。

映画『釜山行き』の俳優たちが出演したVアプリで俳優のコン・ユは「ソヒの趣味は息をする事だ」と言い、笑いを誘った。

特技

ソヒのプロフィールによる特技はテコンドーだ。

デビュー前の経歴

ソヒは、小学校4年生の頃、両親の離婚で母親と別れ、6歳年上の姉と父親の下で育ってきた。

父は大きな衣類工場を経営していたが、経営状況が悪化し、工場を閉鎖することとなった。その後しばらく父は、バイクでの宅配の仕事をするなど厳しい時間があったという。今はまた工場を経営中だ。母は一緒に暮らしてはないが、引き続き交流をしている。

2004年に歌手ナオルの弟であるユ・デオル監督の短編映画『倍音構造による共感覚』で聴覚障害者役を演じてデビューした。2007年映画『お熱いのがお好き』4でカン・ガンエ役を務めた。

2007年からガールズグループWonder Girlsの活動を始めた。

出身・家族・学歴

兄弟 姉1人
高校 昌文女子高等学校中退

周囲からの評判

ソヒのチーム内のポジションはサブボーカルだったが、人々が認識するポジションはビジュアル担当だった。スリムなスタイルと、ダンススキルのおかげでWonder Girlsのメンバーの中で事実上センターを担当した。

チャームポイントはふっくらとした頬と、身長に比べてすらりとしたスタイル、アウトサイダーな雰囲気などがある。

元々はシニカルな魅力だったが、アンシック(アン・ソヒ+シック)とニックネームがつき、ニックネーム通りにシックな魅力を持つようになった。

女性アイドルの中で、私服センスの良いアイドルに選ばれたこともある。このような理由で女性ファンの支持率がとても高い。

公式サイト・SNS

Wonder GirlsのYouTube Channel

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

Wonder Girlsのメンバー

関連するアーティストを見る