ユヒョン

DREAMCATCHER K-POP・韓国のアイドル

ユヒョンについて

ユヒョンは、2014年9月18日『M COUNTDOWN』で、MINXのメンバーとしてデビューした。

2017年1月13日に、韓国初のロックメタル+ダーク+女性アイドルという組み合わせで、国内外から相当な音楽的評価を受けた、7人組のDREAMCATCHERとして、再デビューした。チーム内では、リードボーカルを担当している。

自由奔放の雰囲気に、大きな背の調和が加わり、ボイスィなイメージを出しているが、髪の毛を結ぶと末っ子らしくなり、ギャップがある魅力を持っている。正面の顔が、俳優のチョ・ユンヒとイ・スギョンを半分ずつ似せたような、女優の顔だと評価されている。

基本プロフィール

芸名 ユヒョン (YOOHYEON)
本名 キム・ユヒョン (Kim Yoo Hyeon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 168cm
血液型 O型
誕生日 1997年01月07日 (23歳)
干支
星座 やぎ座

所属

参加グループ

DREAMCATCHER

事務所 ハッピーフェイスエンターテインメント

好きなタイプ

ユヒョンは、『mydaily』のインタビューで「理想型は、ピーターパンです」と答えた。

記者が、「ピーターパンですか?」と聞き返すと、「はい、昔見た映画の中で、ピーターパンが面白く、見ていたが、その映画の中に出てきたピーターパンが、私の理想型です。茶目っ気たっぷりで、自由ながらも可愛い姿が、記憶に残っています」と伝えた。

性格

ユヒョンは、明るく天真爛漫な性格で、荒唐無稽な発言をしたりもする。精神世界が独特というより、ただ単に純粋で、天然な性格のため、メンバーたちとファンたちが、ユヒョンによくいたずらをする。しかし、それでもいつも穏やかで、明るい姿で受け止めてくれる。

穏やかで、明るい性格のおかげか、他のメンバーとのケミが特に良く、「他のメンバーたち2人のツーショットより、ユヒョンと他のメンバーのツーショットが面白くて、独特の絵が見られる」と言われている。

チーム内で、最も緊張しない舞台体質であり、メンバーたちが「最も努力派な人物」に、ユヒョンを選んだという。何かを学ぶこと自体に、興味を示す姿をよく見せる。MINX時代に出演した『うちにどうして来たの』で、コンセプトアイテムであったスケートボードを熱心に練習する姿を見せたり、活動と関係なく、別でギターの練習も楽しんでいる姿を見せたりしている。

趣味

ユヒョンは、ゲームが趣味で、『オーバー・ウォッチ』を時々プレーしていることを明かしている。

シヨンと一緒にすることもあり、学生時代には『サドンアタック』も楽しんだということから、FPSが好みのようだ。

特技

ユヒョンは、メンバーの中で、中国語の勉強を最も熱心にしている。長期的に、中国での活動までも念頭に置いて、メンバーたちが中国語の勉強を少しずつしている中、特にユヒョンは、中国語に興味を持っているという。

そのため、中国語でのあいさつ言葉を担当している。

デビュー前の経歴

ユヒョンは、『bntNEW』のインタビューで、「私も言葉を学ぶのが好きで、スチュワーデスが夢だった。中国語と英語の勉強を並行した。ドイツ語も、本を買って勉強していた」と述べている。

デビュー前は、スチュワーデスになる為の準備をしていたと明かした。しかし、体の内臓的な問題で、諦めたという。その後、練習生の時期を経て、2014年9月18日に、『M COUNTDOWN』で、MINXというグループ名で、デビューした。

出身・家族・学歴

高校 仁川山谷高等学校

周囲からの評判

ユヒョンはMINX時代には、「木」を担っているとして、自己紹介をしていた。

おおきめの身長と共に、こわばった身振りを比喩した単語だが、「普段の動きが硬い」と言う意味で、ダンスの実力は、むしろチーム内では良い方である。

長い手足に支えられ、ダンスをする時の体の線が、綺麗である。そのため、他のグループのボーカルライン達と違い、舞台でセンターをかなり多く担当している。

MINX時代、「ラブシェイク」の活動の衣装が、ラッシュガードであったが、メンバーたちの中で、最もスリムで贅肉のない体であるにも関わらず、身体コンプレックスがへそであるため、舞台の外では、よくお腹を隠していた。

『THEFACT』とのインタビューで、ジユは「ユヒョンの性格は、四次元です。とんでもない性格から出てくる魅力があります」と話している。そこにスアが、「また、ユヒョンのえくぼは、とても綺麗です。いつも指でさしてみたいです」と話した。

公式サイト・SNS

DREAMCATCHERのYouTube Channel

DREAMCATCHERのメンバー

関連するアーティストを見る