シヨン

DREAMCATCHER K-POP・韓国のアイドル

シヨンについて

シヨンは、2014年にデビューしたMINX(ミンス)の元メンバーで、2017年1月13日、大韓民国初のロックメタル+ダーク+女性アイドルという組み合わせで、国内・外で登場から相当な音楽的評価を受けている、7人組のDREAMCATCHERで再デビューした。

チーム内ではメインボーカルと、リードダンサーを担当している。また、高音を担当しており、他のメンバーよりユニックな声でよく目立つ。

2014年にデビューしたMINX(ミンス)を再編したチームで、さわやかㆍ溌溂なイメージの「おてんば」が、コンセプトだったミンス(MINX)とは相反して、神秘的で夢幻的、清楚なイメージのチーム名のように「悪夢を支えてくれる夢の妖精たち」がコンセプトの方が、よく似合うと評価される。

2016年11月29日、グループ名をDREAMCATCHERに変更する計画が発表して、2017年1月13日、DREAMCATCHERとしての初のアルバム「悪夢」を発売しており、2017年4月5日には後続のシングル「悪夢-Fall asleep in the mirror」を発売した。2017年7月27日にミニアルバム「Prequel」でカムバックした。

基本プロフィール

芸名 シヨン (SIYEON)
本名 イ・シヨン (Lee-Siyeon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 166cm
血液型 A型
誕生日 1995年10月01日 (25歳)
干支
星座 てんびん座

所属

参加グループ

DREAMCATCHER

事務所 ハッピーフェイス・エンターテインメント(Happyface entertainment)

好きなタイプ

シヨンの好みのタイプは、2017年1月24日『THE FACT』のインタビューの中で、「声がいい人。そして私の為に、一緒にホラー映画を見てくれる人が好きです。」

「私はホラー映画が好きです。私が好きなのを一緒に好んでくれることは、私を配慮する気持ちがあるという事だと思います。そしてホラー映画を一緒に見る時、怖がったりする姿が、かわいいんじゃないかと思います。」と答えている。

性格

シヨンは、名実共に、チーム内最高ギャグキャラクターで、ユヒョンと共に、にギャグコンビだと言われる。

シヨンの場合には、言葉や行動に突飛さと、茶目っ気いっぱいな所が出るギャグだと言える。

ジユと共におしゃべりな方である為、自身が出ている映像コンテンツでは、相当な存在感を持っている。

テレビなどで真剣に歌を歌っている時も、必ずいたずらな姿で仕上げている。自ら「悪童」と言ってしまう程だ。

 MINX(ミンス)ミンス時代、MBC MUSIC『アイドル・スクール』に出演当時、MCチョン・ヒョンムは、シヨンを見て、トーマスに似ていると話した。

シヨン自ら、その放送当時にもそうだし、その後も自ら汽車の真似をするなど、その話を愉快に受け入れている。

むしろ、あまりにも愉快に受け入れるシヨンが、あまりイメージ管理をしていないと、自責してしまう程である。

趣味

シヨンの趣味は、キャプテン・アメリカのオタクで有名だ。

マーブルのキャラクター達の事が全部好きな方だが、普段の所持品や、部屋の中の周辺の小物が、キャプテン・アメリカグッズ一色だという。

リーグ・オブ・レジェンドと、オーバーウォッチも、度々プレーしているそうだ。

特技

シヨンの特技は、知人からDJを習ったことがあるが、かなり興味が湧いたという。 本格的に学んでいるわけではないが、DJを教えてくれたという知人の言葉によると、一ヶ月間かけて学ぶ事を、たった一日で身に着けたと語っていた。

デビュー前の経歴

シヨンは、2017年2月15日「bnt news」のインタビューで、「中学校1年生から高校2年生まで、学校のバンド部で活動してきました。私が所属したバンドがそれなりに、大邱(テグ)で有名だった為、市の公演に招待された事もあるし、色んな大会で何度も受賞しました。そのような公演をしながら、より多くの人達の前で見せてみたいと思い、歌手を夢見るようになりました。」と答えた。

故郷の大邱(テグ)で、寿城区池山洞の寿城高等学校に通う中、ソウルに練習生として行くようになった。

大邱・寿城区凡勿2洞所在のエンプル・ミュージックアカデミー出身である。

2014年9月18日に、MカウントダウンでMINX(ミンス)というグループ名でデビューした。

出身・家族・学歴

高校 眞善女子高等學校

周囲からの評判

シヨンは、「chase me」をラジオでライブした時に、リフレーンのアドリブに入る前に、本人がマイクを少し外すくらい声量がある。

アルバムでコーラスの担当も引き受け、デビューシングルの頃から全ての曲のコーラスに、イ・シヨンという本名が入ってる。

2017年1月24日「THE FACT」のインタビューで、メンバーのスアは「シヨンが笑う時、目が半月模様になる所がとても綺麗です。その時私がシヨンに、イプドク(ファンになったという意味の新造語)したようです。目が本当にシヨンの魅力ポイントです。」と答えた。

さらに、ダークな雰囲気のDREAMCATCHERで再デビューして本当によかったと言われるほど、チームのコンセプトによく似合うビジュアルを持っている。

力を入れなくても、鋭くぱっちりあいた目元と、身についたクールなイメージは、グループ内の最上級のカリスマを誇る。

ただ舞台と違って、薄い化粧をした場合、はっきりとした目鼻立ちと、特有の雰囲気が重なって清純だと評価され、ファンの間ではオオカミや、赤ちゃんオオカミだと呼ばれている。

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

DREAMCATCHERのYouTube Channel

DREAMCATCHERのメンバー

関連するアーティストを見る