リュ・スンス

韓国の俳優・韓流スター

リュ・スンスについて

リュ・スンスは、1997年に映画『三人組』でデビュー。その後ドラマ『冬のソナタ』や『私に嘘をついてみて』、映画『オ!ブラザーズ』、『私は告白する』など様々な作品に出演している。

リュ・スンスは母親のいない貧しい生活環境で育ち、学生時代には貧しさから非行に走った。ある時は、借金取りの暴力により父親が血を流す姿を見るなど壮絶な青春時代を送っている。

基本プロフィール

芸名 リュ・スンス (Ryu Seung Soo)
本名 リュ・スンス (Ryu Seung Soo)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 70kg
血液型 B型
誕生日 1971年08月21日 (49歳)
干支
星座 しし座

所属

事務所 エンターテインメントtong

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

リュ・スンスは、2015年3月に11歳年下の一般女性と結婚した事を自身のファンサイトで公表した。

そのメッセージには、「これまで1人だった人生に終止符を打ち愛する人と新しい人生を始めようと思います。私が非常に苦しい時間を過ごしている時に、彼女が精神的に私を支えてくれた。この女性のことをより一層深く知り、愛する事ができました。」と語り、相手の女性に対する無限の愛情を表した。

好きなタイプ

リュ・スンスの好みのタイプは、アンジェリーナ・ジョリーみたいな女性である。

その理由としては、自分が優柔不断だから引っ張っていってくれる性格の女性が良いとし、外見も重視していると語っている。

性格

リュ・スンスは、優柔不断な性格である。

趣味

リュ・スンスの趣味は、旅行である。

特技

リュ・スンスの特技は、パントマイムである。

デビュー前の経歴

リュ・スンスは、俳優になる前に、シン・ミナのマネージャーをしていたことがある。当時シン・ミナの母親にとても好かれていた。

また、故郷である釜山でチャン・ヒョクと共に演技学院に通っていた経験があり、その後自ら演技学院を運営して、トップスターのチョ・インソンやイ・ヨウォンなどに演技を教えていた実績も持っている。

出身・家族・学歴

高校 高校は自主退学し、後に日本でいう高卒認定試験に合格。
大学 ソウル芸術大学演劇学部

周囲からの評判

リュ・スンスは、20歳のとき突然訪れた心臓病で倒れ、それ以来その恐怖から、24年間にわたりパニック障害を患わっている。

当時の様子についてリュ・スンスは、「人生の中で一番大変な時期だった。死にたいと思った。」と語っている。

また、ドラマ『冬のソナタ』に出演した際、日本で韓流ブームが巻き起こっていたが、本人はパニック障害で飛行機に乗れないために日本行きが叶わなかった、とも話している。

整形

リュ・スンスの整形に対する噂はないが、本人曰く、二重瞼にするか悩んでいるという。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る