ラ・ミラン

韓国の俳優・韓流スター

ラ・ミランについて

ラ・ミランは、2005年映画『親切なクムジャさん』で30歳の時にデビュー。2002年には歌手シン・ソンウのマネージャーであったキム・ジング氏と結婚しており、息子が1人いる。

ドラマ『ファッション王』や『チャクペ-相棒-』など多くの作品に出場している。2011年にはローマアジアン映画祭主演女優賞を受賞。

たくさんの大きな仕事が来るようになったが、今の年齢はまだ中途半端だと思っているそう。もう少し年齢を重ねたら、富豪の奥様役なども演じてみたいとのこと。

基本プロフィール

芸名 ラ・ミラン (Ra Mi Ran)
本名 ラ・ミラン (Ra Mi Ran)
ニックネーム
国籍 韓国
性別 女性
身長 162cm
体重 53kg
血液型
誕生日 1975年03月06日 (44歳)
干支
星座 うお座

所属

レコード会社
事務所 C-Jes Entertainment
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ラ・ミランは、2002年に、歌手シン・ソンウのマネージャーであったキム・ジングと結婚。

ミュージカル『ドラキュラ』で共演したシン・ソンウのマネージャーであったキム・ジングと出会い結婚するが、貧しかったためお互いの実家を行き来して暮らしていたそう。

夫はマネージャー業の次に融資会社で働いたが、その際少額の借金をしたという。さらにゲームマネーを収集して販売する事業をして、数千万ウォンの借金までしてしまった。とても貧しかった時代には試食コーナーで食いつないだり、アルバイトもしていたそう。

好きなタイプ

2016年に放送されたバラエティ番組で理想のタイプを聞かれたラ・ミランは、「チャン・ドンゴン、チョ・インソンはすぐに飽きるスタイルだ。私はソ・ジソプが理想である。」とし、「最近はユ・スンホが好き」と明かした。さらにラ・ミランは「ユ・スンホが除隊したらさらうつもりだ」と話し笑いを誘った。

性格

不明

趣味

ラ・ミランの趣味は、歌、ダンス、バンソリ、裁縫である。

特技

不明

デビュー前の経歴

ラ・ミランは、大学卒業後、プロフィールをいろんなところに送っており、忘れたころに映画『親切なクムジャさん』の監督からオーディションを受けにこないかと誘いを受け、合格。2005年30歳の時にスクリーンデビューした。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国
出生地域
高校
大学 ソウル芸術大学演劇科

解散・引退について

周囲からの評判

ラ・ミランは、2018年1月に映画『僕の中のあいつ』がクランクアップし、出演者であるパク・ソンウンやB1A4のジュニョンと共に撮影の感想を伝えた。

『僕の中のあいつ』で企業型財閥組織の社長チャン・パンスの初恋相手役を演じたラ・ミランは「初めて初恋のキャラクターを務めて、より記憶に残る作品になるだろう。俳優とスタッフが最高のチームワークを見せてくれた。愉快な映画が誕生すると予想され、私も楽しみにしている。」と伝えた。

撮影現場はいつも楽しく愉快な雰囲気のおかげで映画も「核爆弾級の面白さ」を予告し、期待を集めている。

整形

なし

舞台俳優時代から表情が不自然になるからしないほうがいい、と周りから言われていたそう。

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る