ヨン・ウジン

韓国の俳優・韓流スター

ヨン・ウジンについて

ヨン・ウジンは、2009年の映画『Just Friends(ただの友達)?』で、デビューした俳優である。この映画で、同性愛者という、難しい役どころを演じ、注目を浴びた。

デビュー当時の芸名は、「ソ・ジフ」であり、2010年の初出演ドラマ『シンデレラのお姉さん』に出演してから、「ヨン・ウジン」に改名した。芸名を変えたことで運気が上がったのか、その後もドラマに、多数出演している。

その他、2011年のドラマ『烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち』や、2012年のドラマ『アラン使道伝』、2013年のドラマ『男が愛する時』などに出演している。

基本プロフィール

芸名 ヨン・ウジン (Yeon Woo Jin)
本名 キム・ボンフェ (Kim Bong Hoe)
国籍 韓国
性別 男性
身長 185cm
血液型 AB型
誕生日 1984年07月05日 (36歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 ジャンプエンターテインメント
デビュー年 2009

好きなタイプ

ヨン・ウジンは、友達のような女性がタイプである。

作品活動をしながら、理想のタイプが変わってきたという。また、2015年には「日常的な恋愛が好き。同じ趣味を共有し、同じ考え方をして、自然に会うような恋愛です」と語った。

更に、結婚観については「30歳を超えてから、恋愛と結婚、あるいは離婚まで、たくさん考えるようになりました。また、周りに結婚した友人がいて、現実的に考えるようになりました。特に、演技をしながら、多くを共感しています」と伝えた。

性格

ヨン・ウジンは、普段から「落ち着いている」と、よく言われるそうだ。しかし、「それは、自分の本当の姿ではない」と話している。

また、インタビューでは「僕自身の話をたくさんしなければならないが、自分の話をする程、自分が魅力的だと思わないため、インタビューは苦手だ」と明かした。

「口下手で、緊張しているので、本来の自分の姿ではない。そして、何か失礼なことを言うのではないかと慎重になるので、大人しくなってしまう」と話した。

デビュー前の経歴

ヨン・ウジンは大学で、土木工学を専攻していたが、「自分には合わない」と感じ、20歳の時に軍隊に入隊した。

その頃に、知人からモデルの仕事を紹介され、そこから芸能界へ入ることとなった。除隊後には、映画科の授業を受けながら、モデルとして活動を始め、2007年のソウルコレクションに、モデルとして出演した。

出身・家族・学歴

兄弟 弟1人
高校 江陵高等学校
大学 世宗大学土木環境工学学士

周囲からの評判

ヨン・ウジンは、これまで一度も、正式な熱愛報道が出ていない。「人気俳優で、結婚を考えてもいい年齢であるのに、意外だ」という声が多い。

人気のわりに、ドラマでラブロマンスを演じることが少ないことも、影響しているのかもしれない。2016年に行われた、日本でのファンミーティングで、ファンから「彼女がいるのか?」という質問には、「今はいない」と答えている。好きになる時は、一目惚れなど、ビビッとくることが多いそうだ。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る