ブリー・ラーソン

アメリカの俳優

ブリー・ラーソンについて

『ルーム』アカデミー賞主演女優賞を受賞したほか、『タイム』誌で「2019年世界で最も影響力のある100人」にも選ばれた名実ともに力のあるアメリカの女優。

マーベル作品「キャプテンマーベル」では主役を演じ、世界中で興行収入は10億ドルという好成績を収めた。

近年は女優業のみならずライターやディレクターとしても活躍、共同脚本・共同監督のショートフィルム「The Arm」はサンダンス映画祭で特別賞を受賞、さらに初監督作品「ユニコーンストア」は米大手のネットフリックスが買いとっている。

基本プロフィール

芸名 ブリー・ラーソン (Brie Larson)
本名 ブリアン・シドニー・デソルニエース (Brianne Sidonie Desaulniers)
国籍 アメリカ
性別 女性
身長 170cm
体重 58kg
誕生日 1989年10月01日 (30歳)
干支
星座 てんびん座

所属

レコード会社 不明
デビュー年 1998

好きなタイプ

2006年から2007年までアメリカの俳優コーディ・リンレイと交際。

2008年から2012年までは同じくアメリカの俳優ジョン・パトリック・アメドリと交際。

2013年からロックバンド「ファントム・プラネット」のボーカル、アレックス・グリーンウォールドと交際。ブリーがアカデミー賞を受賞したあと、アレックスはブリーにプロポーズした。

いずれも優しそうな顔立ちの男性である。男遊びが派手なタイプでもなく、長年付き合ったアレックスと婚約中であることからも、誠実な交際のできる人を望んでいるようである。

性格

キャプテンマーベルのように正義感に満ちた性格。アカデミー主演女優賞を受賞した作品「ルーム」では監禁された女性を演じたことからも、性的虐待を受けた女性を保護する団体への活動協力を示しているブリー。フェミニストでもあり、他にも多くの女性支援団体を支援している。

そのため、多くのミソジニストたちから嫌煙されているが、彼女は毅然とした態度で立ち向かっている。例えば、SNS上で「キャプテンマーベル」のポスターでブリーが笑っていないことに対し「笑ってなくて変だ」と指摘されたことを受け、ブリーはキャプテンアメリカやアイアンマンの顔をわざと笑顔に変えた画像を投稿した。「これまでの男性キャラクターは笑っていなかった、女だから笑えというのは性差別」ということを証明し、批判者を一蹴したそのやり取りに賞賛が集まった。

趣味

写真、インテリアデザイン、アニマルトレーニングにも興味がある。そのため、かつて売れなかった時代、あまりにも自分の欲しい役を得ることができないために女優をあきらめ、それらの道に進もうかと迷ったほどであった。(最終的には女優の道を志し、結果大成功している。)

ゲーム好きで、スーパーマリオブラザーズの大ファンである。

また、キノコなどの菌類について勉強するのが好き、という一風変わった趣味も持っている。菌類についての勉強は数年かけてしたそうだ。

特技

フランス語も話すことができる。むしろ幼いころは第一言語はフランス語であった。これは父親がフランス系のカナダ人であることに由来する。

また、歌がうまくプロの歌手でもある。映画「フット」ではブリーが歌っている。カラオケでよく歌うのはアッシャー・レイモンドの「バーン」。

子供と打ち解けるのがうまく、映画「ルーム」でブリーの息子役を演じたジェイコブとは撮影の裏側でも仲良しであった。最後にはジェイコブはホットチョコレートで、ブリーはワインで祝杯をあげている。

デビュー前の経歴

カリフォルニアのサクラメントで生まれ育つ。おおむねホームスクールだったため、シャイで社交性にはかけていた。

家のガレージで自ら監督主演した映画ごっごをして遊んでいた。女優になりたいと思ったのは6歳の時で、常に自分の中に創作意欲があったため、と過去を振り返っている。そこでサンフランシスコのアメリカンコンサーバトリーシアターに入団した。入団のためにはオーディションに合格する必要あるが、彼女は最年少の合格者となった。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 アメリカ合衆国
出生地域 California
高校 ホームスクール(学校に行かず家庭で勉強)

家族のエピソード・詳細

両親はホメオパシーとカイオプラクターの施術師。姉にはミリアンがいる。父親はフランス系カナダ人。

7歳の時に両親が離婚し、それがブリーにはトラウマとなり、父親との関係はあまり良好とはいえない。

ブリーとミリアンは母親に引き取られ、三人はブリーが演技の道へと進むことを考えロサンゼルスに引っ越す。ハリウッドの近くの狭いアパートの一室で暮らしていた。

なお、ブリーの芸名「ラーソン」は母方の曾祖母がスウェーデン出身だったためそこから拝借した。

ブリーの初仕事は、1998年、TVのトーク番組で使われるバービー(人形)のコマーシャルのパロディーであった。

周囲からの評判

何事にも誠実に、投げ出す事なく取り組む姿勢は評価されている。
「キャプテンマーベル」で体づくりをするにあたっては過酷なトレーニングにも耐えた、と専門のトレーナーは明かした。特に週4で1日に2回、90分にわたるトレーニングは、片手で車を止めるようなキャプテンマーベルにふさわしいからだを手に入れたという。

2000年代のアメリカ青春映画において彼女は欠かせない存在であり、チャーミングな笑顔で安っぽくなりがちなラブコメ作品にも大きな存在感を示した。

整形

整形の噂はない。

ちなみに猫アレルギーである。それゆえ猫が重要な役割をもつ映画「キャプテンマーベル」では大変だったことを明かしている。

好きな食べ物

好きな食べ物についての言及はないが、一時期、シャワーを浴びながら夕食を食べる習慣があったことを明かしている。

飲酒をするかどうかの言及はないがプライベートではタバコは吸わない。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る