ボブ・マーリー

ボブ・マーリーについて

ボブ・マーリーはジャマイカ出身のシンガーソングライターである。レゲエ音楽のパイオニアの1人と言われ、スカやロックステディといったジャマイカ音楽を掛け合わせたスタイルと滑らかで特徴的な歌声が彼の音楽の魅力だ。

ボブはジャマイカ文化の世界的な象徴である。彼はジャマイカ音楽を世界的なものにした。1963年にプロの音楽家としてのキャリアをスタートさせてから1981年に癌で亡くなるまでの間に、数々のヒット曲を世に排出し、今でもレゲエの神様として多くのアーティストに影響を与え続けている。

基本プロフィール

芸名 ボブ・マーリー (Bob Marley)
本名 ロバート・ネスタ・マーリー (Robert Nesta Marley)
ニックネーム タフ・ゴング、スキッパー
国籍 ジャマイカ
性別 男性
身長 170cm
体重 64kg
血液型 B型
誕生日 1945年02月06日 (享年36歳)
死亡日 1981年05月11日
干支
星座 みずがめ座

所属

レコード会社 タフ・ゴング
事務所
事務所入所年 1970

所属

レコード会社 タフ・ゴング
事務所入所年 1970
デビュー年

好きなタイプ

ボブ・マーリーは複数の女性と関係があったことで有名だ。ボブは1966年2月10日に2歳年下のリタ・アンダーソンとジャマイカで結婚した。2人の間には4人の子供が生まれ、リタの連れ子2人と合わせると6人だが、公式ホームページ上では11人の子供の名前が紹介されている。

ボブ・マーリーは正妻のリタの他に、少なくとも8人の女性と関係があったとされている。しかし、リタとは離婚することなく、亡くなるときまで添い遂げた。

性格

ボブ・マーリーは、平和、愛、そしてより良い政治のための活動の世界的な象徴だ。彼を言い表す言葉として、正直、礼儀、責任感、適合性、誠実、情熱、影響力、独創力、情け深さ、献身、忍耐などが挙げられる。

ボブ・マーリーは、良い時も悪い時も乗り越え、音楽の力によって社会や他の人を救うことに関心を持っていた。彼は平和と愛が人生において特に大切な要素であると信じていた。そして、彼は愛と平和の言葉を広げることができれば、世界はより良いものに変わることを知っていた。

趣味

音楽の他に、サッカーもボブ・マーリーの人生にとって重要なものであった。試合はもちろん、駐車場、空き地、そしてレコーディングスタジオの中でさえもサッカーをした。ブラジルのサッカーチーム「サントス」と、そのスター選手「ペペ」のファンだった。

ボブの周りにはサッカー関係者の人も多く、1970年代にはジャマイカの世界的なサッカー選手アラン・コールを自身のツアーマネージャーにした。

彼は、ジャーナリストたちに「もし僕のことを知りたければ、僕とザ・ウェイラーズを相手にサッカーをしなきゃ駄目だよ」と話したこともある。

特技

大のサッカー好きのボブは、即席で蹴ることよりも真剣な試合を好んだ。そして、他の音楽家やジャーナリスト、そして時にはプロの選手と数々の試合に臨んだ。

しかし、彼のサッカーの腕前については意見が分かれる。もしサッカーに集中したら、プロとしてやれただろうという人もいれば、そこまでではないという人もいる。いずれにしても、サッカーに対する情熱は本物だった。

ボブのサッカーに対する情熱は、長女のセデーラに引き継がれた。ジャマイカに女性のナショナルチームが設立された時には、彼女が先頭に立って活動を促進した。

デビュー前の経歴

ボブ・マーリーは12歳のときに母親とキングストンのトレンチタウンに引っ越す。そこで、継兄弟のネビル・リビングストン(後にバニー・ウェイラーとして知られる)と一緒に音楽への関心を高めていく。

ボブはネビルと友人らとボーカルグループを組んだ。彼らはボーカルデュオとして成功していた「ヒッグス・アンド・ウィルソン」のヒッグスとウィルソンから歌を習得した。さらに、ボブはヒッグスからギターも習い、その後、レゲエの歴史的大ヒット曲を生み出す根源となった。

出身・家族・学歴

兄弟 血縁関係がある兄弟は4人(男2人、女2人)
出生国 ジャマイカ ナイン・マイル
出生地域
高校
大学

家族のエピソード・詳細

ボブ・マーリーは、イギリスの海軍大尉であった白人の父ノーヴァル・マーリーと、ジャマイカ人の母セデラ・ブッカーとの間に生まれた。当時、ノーヴァルは61歳、セデラは16歳で、ボブが誕生して間もなく2人は別れた。幼少期のボブは、父親が白人であることからいじめられることもあった。

ボブには片親違いの姉妹が2人、兄弟2人いた。弟のうちの1人は、1990年2月に、マイアミのショッピングモールで店員を銃で脅し、警察の銃撃により亡くなった。19歳だった。

数多くの子供たちのうち、何人かはボブの血を受け継ぎ、歌手として活躍している。

解散・引退について

1980年9月23日に、ペンシルバニア州ピッツバーグにあるスタンレー・シアターでボブ・マーリーのコンサートが開催され、それが彼の最後のコンサートとなった。その2日後、ランニング中に倒れて病院に運ばれた彼は、癌が脳にまで広がっていることを知ることになる。

周囲からの評判

妻であるリタは「マーリー家にとって、家族は全てである。家族は私たちの人生であり、愛の証である」と言っており、ボブが家族を大切にしていたことを伺わせる。

整形

ボブ・マーリーが整形したという話はない。ボブ・マーリーには、旧約聖書のレビ記一節に基づき、癌の治療のための手術さえ拒んだという事実がある。

好きな食べ物

どんなに有名になっても、ボブ・マーリーは地元の味を忘れなかった。ラスタファリアンのため菜食主義で、ツアーには常に専属のシェフを同行させていた。

公式サイト・SNS

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ