髙地優吾

ジャニーズ

髙地優吾について

髙地優吾はジャニーズ事務所所属のジャニーズJr.の一員。ディズニー前のグループであるSixTONESのメンバーであり、グループでは最年長なものの、事務所に入ったのはもっと遅い1番後輩でもある。

グループ内では常識人として認知されており、SixTONESの良心という異名もある。メンバーのジェシーとはとても仲が良く、ジェシーが旅行に行きたいと言えば計画し、美容室に迎えに来てと言えば迎えに行くという溺愛ぶり。ファンの間ではジェシーの彼氏とまで言われている。

父親が占い師のKOHCHであるため、TV番組『スクール革命』のオーディションでジャニーズ事務所に合格した際は、当初コネと疑われたことがあるが、本人の努力を知るとともにそのような声は聞こえなくなった。

基本プロフィール

芸名 髙地優吾 (Yuugo Kouchi)
本名 髙地優吾 (Yuugo Kouchi)
国籍 日本
性別 男性
身長 175cm
体重 53kg
血液型 A型
誕生日 1994年03月08日 (28歳)
干支
星座 うお座

所属

参加グループ

SixTONES

中山優馬w/B.I.Shadow

レコード会社 ソニーミュージック
事務所 ジャニーズ事務所
事務所入所年 2009
デビュー年 2020

好きなタイプ

髙地優吾は、自分がおっとりタイプのため、甘えさせてくれるお姉さんタイプが好みだと述べており、明るくていつも笑顔でいてくれる子が理想と語る。

一緒にいて楽しく過ごせることが良いとも語っており、年下よりも年上で自分をリードして欲しいと思っているそうだ。

好きな髪型はサラサラロングのストレートだそうで、ここでも年上の女性を連想させる答えになっている。幼いタイプより落ち着いたタイプが好きなようで大人の女性が好みなのは間違いなさそう。

年上の女性のファンが多く母性本能をくすぐられているようなので、無自覚の年上キラーだと言われている。

性格

髙地優吾は、常にマイペースで自分から前に出ていく性格ではないが、気が付くと全面で周囲の注目を集めていることが多い。

幼少期は泣き虫の甘えん坊だったようだが、お遊戯会では堂々としていて将来大物か?と期待されていたくらい肝っ玉が据わっているところもあるそう。

文字を長時間見ていることがに苦手なので、勉強もあまり得意ではないと語っており、学生時代は勉強机に座っているだけで体調が悪くなる気がしていたという。

また、古文や歴史の授業が苦痛で、「自分は過去より未来を見つめていたいと思った」というポジティブ思考の持ち主。

マイペースゆえかおっとりした性格でもある。メンバーの森本慎太郎は、「あいつの性格を悪く言う奴に会ったことがない」と言うほどの性格の良さである。

シンデレラボーイを言われたほど、入所後すぐから露出が多かったが、歌もダンスも素人だったので陰で黙々と努力してきた根性の持ち主でもある。

自分のチャームポイントを聞かれると「笑顔」と即答するほど飾り気がなく自然体な性格も魅力の1つである。

趣味

高地優吾は、料理男子がモテると聞いて料理を始めたそうで、料理を始めた動機はやや不純だが腕前はメキメキ上がり、家事も効率よくこなせるようになったそう。料理の腕前自慢のため、毎年母の日には料理をふるまうという。

また、ダーツやバイクなどおっとりした性格とは少しイメージが異なる趣味も持っている。

また、Hey!Say!JUMP八乙女光にベースを習い始めて、現在は趣味の1つに加えている。他にも特技としてサッカーがあったが、なかなか人数が集まらないためフットサルを始めたらハマってしまい、大学時代はチームを作っていた。

特技

高地優吾の特技は、サッカーのリフティング。幼少期は野球好きだったがサッカーを習い始めてからはサッカー一筋となり、小学校から本気でサッカーに取り組み、本場スペインでプレーすることを夢見ていた。

また最近では、SixTONESのメンバーが京本大我を除いて全員アクロバットができるようになり、特技の一つに加わった。また個性の強いSixTONESだが、その中で高地は自らの色を出すために、ボイスパーカッションを身に着けた。

実際にSixTONESのオリジナル楽曲では、ボイパを披露する場面もあり、SixTONESが6人時代のKAT-TUNを彷彿させることもあり、その明るいキャラクターも相まって、ボイパが得意だった中丸雄一を思い出させるという声もある。

デビュー前の経歴

ジャニーズ事務所には、Hey!Say!JUMPの番組『スクール革命』の番組内オーディションに応募したことがきっかけで入所した。2009年の入所2週間後に中山優馬 w/B.I.Shadowに抜擢され半年でデビューという幸運と実力の持ち主で、この年のNHK紅白歌合戦にも出場した。

その後、中島健人菊池風磨のデビュー(Sexy Zone)に伴いB.I.Shadowは解散、翌年の2012年には俳優デビューを果たす。

俳優デビュー作品となった『私立バカレア高校』がのちのSixTONES誕生へとつながっていく。当時は、ドラマ名からバカレア組と呼ばれていた6人が、同グループのメンバーとなっている。

小さい時は野球大好き少年であり、父親とよくキャッチボールをしていたという。幼少期は基本外で遊ぶ元気な少年だった。親の言うことはなんでも信用していて「嫌なことは3歩 歩いたら忘れるから」と言われ、本当に忘れていたこともある。

雑誌初登場の時は何をどうしていいかわからず、ポーズも表情も言われるままだったが周りをみているうちに「もっと自分を出さなきゃ」と意識が変わり、積極的に発言するようになったと語っている。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 日本
出生地域 神奈川県
大学 和光大学

周囲からの評判

SixTONESメンバーの中でも特に仲が良いジェシーからは、「飲み物がいつもメロンソーダなど、子どもが好きそうな炭酸系を朝からよく飲んでいる」と評されており、またジェシーからは「Jr.の中で彼女にするなら高地!」とまで言われており、相思相愛な様子。

高地優吾の性格の良さはあちこちから聞かれるが、悪い話は一切聞かないというのはかなりレアケースだと思われる。先輩の真田佑馬からは「人懐っこいというか壁を作らなすぎるというか」と言われており、先輩後輩問わずに交友関係を広げている。

公式サイト・SNS

SixTONESのメンバー

中山優馬w/B.I.Shadowのメンバー