サラ・ブライトマン

サラ・ブライトマンについて

サラ・ブライトマンはイギリスのソプラノ歌手、シンガー、ダンサー、女優である。アメリカのビルボード・チャートにおいてクラシック音楽部門とダンス音楽部門で同時に1位を獲得した唯一の歌手であり、クラシックとポップスを融合したクラシカル・クロスオーバーという独自の音楽性が特徴である。

活動初期はミュージカルで活躍し、「キャッツ」「オペラ座の怪人」「歌と踊り」など有名なミュージカルに多数出演している。特にオペラ座の怪人ではヒロインのクリスティーヌ・ダーエを演じ、世界的に有名になった。

その後、ソロ歌手としての活動も始め、1991年には日本のNHK紅白歌合戦にて「オペラ座の怪人」の曲の一つである「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」を歌った。2018年にもX JAPANのYOSHIKIと共にNHK紅白歌合戦に登場し、「miracle」を歌っている。オリンピックの開会式でもバルセロナと北京の2大会においてテーマ曲を歌っている。世界最高峰の歌手であり、また、社会貢献も大きいため功績が讃えられユネスコ平和芸術家に任命された。

基本プロフィール

芸名 サラ・ブライトマン (サラ・ブライトマン)
本名 (Sarah Brightman)
ニックネーム サラ、世界最高峰の歌姫
国籍 イギリス
性別 女性
身長 167cm
体重 54kg
血液型
誕生日 1960年08月14日 (59歳)
干支
星座 しし座

所属

レコード会社 A&Mレコード、ユニバーサルミュージック、イースト・ウェスト・レコード、EMIミュージック・ジャパン、エンジェルレコード、マンハッタンレコード
事務所
事務所入所年
デビュー年

好きなタイプ

サラ・ブライトマンは2回結婚歴があり、1回目の結婚の相手はアンドリュー・グラハム・スチュワート。サラが18歳の時に結婚している。アンドリュー・グラハム・スチュアートはレコードを1枚出している。

2回目の結婚の相手はミュージカル作曲家、アンドリュー・ロイド・ウェバー。ウェバーの浮気がきっかけで離婚したが、今でも仕事相手として良好な関係を築いている。

その後はドイツの音楽プロデューサー、フランク・ピーターソンと結婚こそしていないがパートナーとして関係を築いていた。

これらのことから考えるに、サラの好きなタイプは音楽に理解がある人間ということだろう。サラは自身の音楽性を類型化されることを快く思っていないため、そのような彼女の考えを理解できる人が好きなタイプであると思われる。一緒に仕事をして価値観を理解して惹かれあっていくタイプであり、一目惚れ等はしないようだ。

性格

サラは非常に敏感で、知覚的で、少し恥ずかしがり屋な芸術家的な性格である。自分の感情や周りの人の感情に非常に敏感で、これは性格的に弱みにも強みにもなる。また、美しさとリズムとバランスにおいてとても良い審美眼を持っている。そして、常に挑戦することを忘れない、先駆的な部分もある。

チャリティーにも積極的であり、慈善活動へのコミットメント、 自身の音楽キャリアを通じての文化間対話と交流促進への貢献、 そしてUNESCOの理念と目的への献身といった功績からユネスコ平和芸術家に任命されている。チャリティーソングを数多く提供しており、社会への関心の高さが伺える。

趣味

サラの趣味や興味は歌うこと、ピアノを弾くこと、踊ること、語学の勉強をすること、無重力飛行などである。

サラは10ヶ国語で歌を歌うことができるが、それは彼女の勉強の賜物である。ミュージカル等は曲によって歌う言語が変わることも多く、フランス語、ドイツ語、イタリア語等は習得している歌手も多い。ラテン語などは欧米の教育の場では教えられることも多い言語である。しかしながら、欧米で使われることの少ないヒンドゥー語や中国語、日本語などでも歌える歌手というのはかなり珍しいと言えるだろう。

無重力飛行に関しては、計画は延期されているもののサラが宇宙に行って歌う計画がある。歌唱における重力の影響について調べるという。計画が延期された今、実現されるかは不透明だがサラは実現したいと思っているようだ。

特技

サラの特技は語学と言っていいだろう。サラは英語、スペイン語、フランス語、ラテン語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、ヒンドゥー語、中国語、日本語で歌を歌っている。

また、サラは音域が広く、その音域は3オクターブにも及ぶという。F6(真ん中のド(C)の音から2オクターブ上がった音域のファ(F)の音)まで出ると本人は言っている。『オペラ座の怪人』で指揮者を務めたデイヴィッド・キャディックは E6(真ん中のド(C)の音から2オクターブ上がった音域のミ(E)の音)まで声が出ると証言している。

そして、サラはクラシックのための声と現代音楽、ポップスのための声を使い分けることができる。

デビュー前の経歴

サラはビジネスマンの父親と、母親の元に長子、長女として生まれた。のちに5人の弟妹が生まれるため、6人兄弟となる。

3歳の頃からバレエやピアノのレッスンを受け始め、地元の祭りやコンクールに出場していた。11歳の時にはTring Park School for the Performing Artsという舞台芸術を専門とする学校のオーディションに合格した。また、他にもElmhurst Ballet Schoolというバレエの学校やArts Educational Schools, London、Royal College of Musicなどの芸術学校で教育を受けた。

13歳の時に、サラはロンドンのピカデリーシアターで劇場デビューを果たし、ビクトリア女王の複数いる娘のうちの1人の役として劇に出演しました。その後劇団のHot Gossipにスカウトされ、数々の劇に出演しキャリアを積み上げていくこととなる。

出身・家族・学歴

兄弟 6人兄弟(ニコラ、クラウディア、ジェイ、ジョエル、アメリア(別名:バイオレット))
出生国
出生地域
高校 Royal College of Music
大学

家族のエピソード・詳細

父はビジネスマンのグレンヴィル・ジェフェリー・ブライトマン。母はポーラ・ブライトマン(旧姓:ホール)。兄弟にはニコラ、クラウディア、ジェイ、ジョエル、アメリア(別名:バイオレット)がおり、サラが長子で長女である。

解散・引退について

引退するという情報は入ってきていない。

周囲からの評判

歌に関しては非常に評判は高いが、時にオペラ好きのアンチから低い評価をされることがある。これは全くの誹謗中傷である。

時々容姿・体型に関して言及されているが、年齢を考えると衰えてくるのは妥当だと言える。声の方は衰え知らずであるとされ、非常に美しいソプラノを響かせている。

整形

整形はしていないと思われる。

好きな食べ物

サラはサラダを好んでよく食べるという。また、お酒が好きで、中でもイタリアの発泡酒、ベリーニはお気に入りである。日本酒(焼酎)やシンガポールスリングやコスモポリタンといったカクテルも好きである。ワインは白ワインよりも赤ワインを好む。

公式サイト・SNS

公式サイト https://sarahbrightman.com/
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る