木南晴夏

日本の俳優

木南晴夏について

木南晴夏はホリプロに所属している女優である。

2001年、高校在学中に「夏の高校野球PR女子高生」に選出され、同年「第1回ホリプロNEW STAR AUDITION〜21世紀のリカちゃんはあなた!!〜」でグランプリを獲得したことがきっかけで芸能界入りを果たした。

2002年、バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』内の企画「矢部浩之のオファーしちゃいました」で矢部にCM売り込みをしてもらい、さらに女性アイドルユニット「テレ朝エンジェルアイ2002」に選出された。そして2002年から2003年にかけては酒井彩名、あびる優とアイドルユニット「Licca」として活動した。

2004年、『桜咲くまで』で女優デビューを果たし、2012年に『家族八景 Nanase, Telepathy Girls' Ballad』でドラマ初主演、2013年『百年の時計』で映画初主演を果たした。2016年、ドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS)で「第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」助演女優賞を受賞。その他にも多くのドラマや映画で活躍している。

プライベートでは、2018年6月に俳優の玉木宏と結婚。

基本プロフィール

芸名 木南晴夏 (Haruka Kinami)
本名 木南晴夏 (Haruka Kinami)
国籍 日本
性別 女性
身長 162cm
血液型 A型
誕生日 1985年08月09日 (34歳)
干支
星座 しし座

所属

事務所 ホリプロ
デビュー年 2002

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2010年に共通の友人を通じて知り合った俳優の玉木宏と2018年6月26日に入籍。始めは友人として親交を深めたが、ドラマ『女の勲章』の共演をきっかけに交際へと発展した。2018年6月にお互いに連続ドラマの撮影が終了した段階で、自然に結婚へと進んだ。

2014年9月、ONE OK ROCKのベースであるRyotaとの熱愛がスクープされた。元々ONE OK ROCKのファンだった木南がライブに何度も通っており、食事会を通じて交際へと発展した。交際発覚後も木南が関係者席でライブをみたり、打ち上げにも参加したりとオープンな交際を続けていた。しかし、2017年2月にRyotaが別の女性との結婚を発表し、2人が破局していたことが明らかになった。

好きなタイプ

木南晴夏の好みのタイプは、あまり怒ることのない穏やかな性格で、アクティブな人である。木南晴夏自身がちょっと抜けているところがあるので、そういうのを笑って許してくれる人がいいと話す。

性格

木南晴夏は、好きなことにはストイックに打ち込む性格。そして意地っ張りな部分がある。

木南としては、品のある女性を目標としているが、コメディは好きなので品がないところも大事にしていくつになってもバカなことをしていたいという。

周りに頼らずに自分ひとりで頑張ってしまう性格で、人に相談するのが下手である。
周囲からは芯が強い、しっかりしていると言われることが多いが、実際はボーっとしていることが多い。

趣味

木南晴夏は、パンが好きでパンシェルジュ2級を持っている。その他にもギャラリー巡りや映画鑑賞、読書が好きである。

幼稚園の頃、天海祐希がオスカル役を演じていた『ベルサイユのばら』を見てから宝塚歌劇団のファンになった。その後、観劇に通って姉の清香と共に『ベルサイユのばら』ごっこに明け暮れて宝塚へ入ることを夢見ていた。ドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』では姉と「ベルサイユのばら風」の演出で共演をしている。

特技

木南晴夏の特技は、クラシックバレエ、日本舞踊、ダンス、英会話である。また、ドラマ『素直になれなくて』で韓国人役を演じたことがきっかけで、約1年間韓国語学校に通ったことから韓国語も得意である。

さらに食に関する関心が高く、家庭菜園も好きで「ジュニア・ファームマエストロ」という農業資格を持っている。他にも食生活アドバイザー3級、パンシェルジュ検定2級を保持している。

身体が柔らかく、ホリプロニュースターオーディションの決勝大会では柔軟性をアピールするためにビキニ姿で180度開脚を披露した。

デビュー前の経歴

2001年、高校在学中に夏の高校野球PR女子高生に選ばれた。

出身・家族・学歴

兄弟 兄、姉
高校 兵庫県立宝塚北高等学校
大学 国学院大学 文学部

家族のエピソード・詳細

夫は俳優の玉木宏である。

好きな食べ物

パンシュエルジュ2級を取得するほどのパン好きであり、自身のSNSにもたびたびパンに関する投稿をしている。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る