キム・ジウォン

韓国の俳優・韓流スター

キム・ジウォンについて

キム・ジウォンは2007年、中学3年生の時に街でスカウトされ、以前の所属事務所LION MEDIAに所属し、演技、ボーカル・ダンストレーニング、日本語など多方面に渡って指導を受けながら、デビューに向けて3年間練習生生活を経験。

2010年に人気K-POPグループであるBIG BANGと共に、韓国の会社LGのロリポップ2のCMに出演し、正式デビューを飾る。

その後、飲料水ORAN-CのCM出演により、ORAN-Cガールというニックネームで大衆に親しまれるようになる。また、韓国のみならず海外でも人気の高い俳優ウォンビンとのCM出演も果たし、認知度を高めていった。

様々なCMに出演した後、チャン・ジン監督により映画『ロマンチックヘブン』のヒロインに抜擢され、本格的な俳優活動を始める。続けて『恋の一撃ハイキック』、『相続者たち』など数々のドラマに出演。そして、2016年大ブームを巻き起こしたソン・ジュンギソン・ヘギョのカップル主演KBSドラマ『太陽の末裔』に軍医ユン・ミョンジュ役で出演し、大きな人気を集めた。

2017年には、KBSドラマ『サムマイウェイ』で俳優パク・ソジュンとの息の合った演技で、さらにスターダムに上り詰めた。

基本プロフィール

芸名 キム・ジウォン (Kim Ji Won)
本名 キム・ジウォン (Kim Ji Woo)
国籍 韓国
性別 女性
身長 164cm
体重 47kg
血液型 A型
誕生日 1992年10月19日 (27歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 キングコング By STARSHIP Entertainment(2017年にキングコング芸能事務所とSTARSHIP Ent,が企業合併している)
デビュー年 2010

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2015年9月22日『国際新聞』に「俳優ユ・ヨンソクとキム・ジウォン側が熱愛説について否定した中、キム・ジウォンに対する関心が熱い。」と記載された。

女性誌『ウーマンセンス・10月号』では「ユ・ヨンソクとキム・ジウォンが8歳年の差を越えて、熱愛中だ。 知人たちとの会合の席に同席したり、人の前でも愛情表現を隠しはしない、周囲から羨ましがられてる」と伝えられた。

その内容によると、ユ・ヨンソクとキム・ジウォンは2012年、映画『怖い話』を通じて初めて会って、二人はお互いの家族にも紹介するほど真剣な出会いを続けているということであった。

これにユ・ヨンソクとキム・ジウォンの所属会社キングコング・エンターテインメント側は「ユ・ヨンソクとキム・ジウォンは恋人関係ではない、ただの友達の関係で熱愛説は事実ではない」と明らかにした。

好きなタイプ

キム・ジウォンはMBCのバラエティ番組『恋の一撃ハイキック』内で、気になる男性を選ぶという内容のコーナーに出演した際に、俳優ユン・ゲサンを選んだことから、肩が広くて男性的なタイプが好きなようだと分かる。キム・ジウォンは、「すべてを包み込んでくれるような男性が好みだ。」と、言及している。

また、SBSドラマ『相続者たち』の記者会見にて、ある記者から「劇中では、キム・タン(俳優イ・ミンホ演じる主人公)の婚約者という役どころですが、劇中のキャラクターではやはりキム・タンのような男性が好きですか?」といった内容の質問に対して、「キム・タンも魅力的ではありますが、個人的にはチェ・ヨンド(俳優キム・ウビンが演じる財閥2世)が好きですね。チェ・ヨンドは、一見冷たそうだし悪い男という印象が強いですが、好きな女の子への献身的な姿や、不器用な所があって…とても素敵だなと思います。」と答える場面があった。

見た目だけではなく、内面で目的を持って努力する男性に魅力を感じるのだろう。

性格

キム・ジウォンは元々シャイな性格で、周囲から美しいと賞賛されることが多いが、必ず「そんなことはないです。」と、低姿勢で謙遜する姿がよくみられる。冗談は苦手なようだが、愛嬌をふりまき、周囲の笑いを誘うなどして共演者や現場関係者らとコミュニケーションをとっていくという。

メンタルが弱くて、「小さなことで砕けるお菓子のようなククダス性格だ(ククダスとは、韓国で有名なラングドシャの様な崩れやすいクッキー菓子の名前であり、弱いメンタルを例える意味として使われる。)」と、話している。

「でも、芸能界の仕事をするようになってからは肯定的な性格になったようである。しようとすることが適うわけではないし、嫌なことも禍転じて福となることが多かったから。今は、プリンのように、何があっても型崩れしないでいられる柔軟な性格になり、メンタルが強くなった。友達はみな、私を鉄壁の女と呼ぶ。(笑)」と、自分について語っている。

趣味

キム・ジウォンはスケジュールがなくオフの日には、家でゴロゴロしながら音楽を聴いたり、メモに何か書いたりして遊ぶことが好き。一般的な同年代の若い女の子たちと変わらないといった感じで、「2歳上の姉と世間話をしながら、リラックスする時間を楽しむ。」という。

また、普段から役作りの為、明るい音楽を聴くようにしているそうだ。近年では明るい役どころが多かったからだろう。

特技

キム・ジウォンはダンスと、歌が得意とされている。街でスカウトを受けて芸能事務所に所属し、そこから3年間ダンス・ボーカルレッスン、日本語レッスンなどを練習生としてを受けており、日本では歌手デビューもしているので実力は相当のものだろう。

デビュー前の経歴

キム・ジウォンは2007年にスカウトされて以降、3年間の練習生生活を送りながら、演技、ボーカルトレーニング、日本語、ダンスなどを学んだ。

2008年には練習生という立場ではあったが、釜山慶南圏の地方放送KNN放送局制作ドラマ『ミセス・サイゴン』に出演。ジェシカKという芸名で、当時同じ所属事務所の歌手であったユンナのセカンドアルバムの収録曲「'Gossip Boy」のミュージックビデオ出演、それと同時に音楽番組でキーボードとコーラスを担当したこともある。

2010年に有名K-POPアイドルBIG BANGと共に広告出演し、さらには東亜大塚飲料のオランシーの広告に出て、オランシーガールと呼ばれて人気を集めた。また、製パン会社の広告に、俳優ウォンビンのガールフレンド役で出演して注目された。

俳優として本格デビューする前に、日本で歌手としてデビューしていた過去も持つ。日本語を学んでいたこともあり、先輩ユンナと同じコースを進むと思われたが、日本から帰国して韓国で演技者として女優の道を歩み始めた。

「元々歌手になるつもりだったが、俳優に方向修正した」と例えられることが多いが、彼女の中ではそうではないようで、「あらゆる芸能活動が可能な、エンタティナ―になることが最終目標」だったようだ。

出身・家族・学歴

兄弟 姉1人(2歳上)
高校 白岩高等学校
大学 東国大学校演劇学部

周囲からの評判

キム・ジウォンは周囲から、天使のようだ、美しい、女神との声を常に聞く。オランシーガールの爽やかなイメージが強い。

2018年2月に公開を控えている映画『朝鮮名探偵3』のキム・ソギュン監督は、「キム・ジウォンさんは美しいが演技もうまく、今回の役柄には彼女以外に考えなかった。」と賞賛しており、「見た目は、か弱い女性らしく楚々としているが、非常に強い印象を与えるキャラクターが彼女にぴったりだった。」と語った。

またこの映画で共演した俳優オ・ダルスはインタビューにて「キム・ジウォンに怖い話を聞かせて、眠れなくなるほど怖がらせたことがある(笑)」とコミカルに語ったエピソードがあった。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る