安藤サクラ

日本の俳優

安藤サクラについて

安藤サクラの父親は俳優の奥田瑛二、母親はエッセイストの安藤和津、さらに姉は映画監督の安藤桃子という芸能人一家である。

安藤サクラのデビュー作『風の外側』には、両親が出演しており、姉も助監督として参加してした。安藤サクラは、映画だけでなくテレビドラマやCMなどにも数多く出演しており、2009年には、初めて賞を受賞し、その後は、ほぼ毎年女優賞にノミネートされている。

基本プロフィール

芸名 安藤サクラ (Sakura Andou)
本名 柄本さくら (Sakura Emoto)
国籍 日本
性別 女性
身長 160cm
血液型 A型
誕生日 1986年02月18日 (34歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 ユマニテ
デビュー年 2007

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

二人の出会いは2008年に開催された「秋田十文字映画祭」への出席である。もともとは安藤サクラと佑の弟・柄本時生と共演をきっかけに仲良くなり、柄本佑に紹介された。この時に「初めまして」と言った安藤の声と雰囲気に柄本佑が一目ぼれをして、交際を申し込んだという。安藤の返事は、安藤自身はオーケーだが、父親の奥田瑛二にも聞いて、というものだったという。

そして、2009年に開かれた「KAWASAKIしんゆり映画祭」の時に柄本佑が、打ち上げに行く奥田瑛二に挨拶をしたところ、奥田瑛二からは「結婚は3年待て」と言われて、3年後に結婚した。

性格

安藤サクラは芸能人一家に育ったにもかかわらず、庶民的な性格をしている。また仕事に対しては、探求心旺盛で、負けず嫌いで根性のある人物である。

趣味

安藤サクラの趣味は絵を描くことで、小さいころからよく絵を描いているという。

特技

安藤サクラの特技はボクシングとダンスである。また料理を作ることも好きで、冷蔵庫の余った食材を使って作るのが得意だという。

デビュー前の経歴

安藤サクラは5歳の時に、父・奥田瑛二の舞台を見て、それをきっかけに女優の道に進む決意をしたという。しかし、芸能人一家でもあるということから周りの声が気になり、小学2年生の時に女優の夢を一度封印し、高校生になった時に女優の道を歩むことを再び決意した。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 学習院女子高等科
大学 学習院女子大学

家族のエピソード・詳細

安藤サクラの父親は俳優の奥田瑛二、母親はエッセイストの安藤和津、姉は映画監督の安藤桃子である。

周囲からの評判

義弟である柄本時生とは、NHKの連続テレビ小説『おひさま』で夫婦役を演じた。

安藤は、CNNの「まだ世界的に知られていないが、演技力のある日本の俳優7人」に選ばれた。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る