鳥居みゆき

日本のお笑い芸人・コメディアン

鳥居みゆきについて

サンミュージックプロダクション所属のお笑い芸人。2007年にカンニング竹山の「カンニングの恋愛中毒」に出演したことがきっかけで周囲から認知される。そこからは「あらびき団」「エンタの神様」「爆笑レッドカーペット」などのネタ番組に出演しブレイクを果たした。

さまざまなネタ番組が終了していくなか、鳥居は俳優としても活躍を始める。様々な舞台や映画、ドラマなどに出演し、2013年からは劇団東京ギロティン倶楽部で看板女優を務めた。また、2019年放送のドラマ「元町ロックンロールスウィンドル」では主演を務めるなど俳優活動に精を出している。

基本プロフィール

芸名 鳥居みゆき (Miyuki Torii)
本名 鳥居みゆき (Miyuki Torii)
国籍 日本
性別 女性
身長 170cm
血液型 O型
誕生日 1981年03月18日 (39歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 サンミュージック

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

2007年にサンミュージックに入社した時にはすでに結婚していた。当時パソコンズというコンビで活動していたお笑い芸人で、現在は一般人の人だと言われているが公式に発表はされていない。

性格

昔から人と話すのがあまり得意ではなく、友達も高校生までほとんどいなかったそう。自身のことを「納得しなきゃ前に進めない性格」と語っており、周囲の人に変な人だと思われていたという。しかし、そこで自分の考えを表現したいと思ってお笑いの道に進むことになった。

35歳で死ぬものだと小さい頃から思っていたため、35歳以降の人生は余生だと思って過ごしている。そのため、35歳以降はやりたくないことにもチャレンジをしているという。

趣味

クレイアニメが好きで、バラエティ番組「スター☆ドラフト会議」で自作のクレイアニメを発表した。

特技

利きティッシュが得意。利きティッシュ中、何が違うの?と聞かれた鳥居は「エルモアは凄いね、雑なんですよっ。なんていうんですか、AB型って感じなんですよ。」と答えた。

暗算が得意で、0.6秒間隔のフラッシュ暗算に成功したことがある。

特殊メイクが得意で、腕前はプロ級である。出演ではなく特殊メイクの裏方として現場に呼ばれることも多々あるという。

デビュー前の経歴

小さい頃、太っていていじめられていたため父親に特別支援学級に入れられた。両親に愛されている姉と自分を比べてしまい日々自己嫌悪に陥っていたそう。両親とはあまり話さず、おばあちゃん子として育った。

歯科助手として働いていたことがある。無防備な人間を上から見下ろすことが、まるで神様みたいだと仕事を楽しんでいた。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 日本
出生地域 秋田県

周囲からの評判

『フライデー』の取材では、幼少期の鳥居について「とてもキレイな子でしたね。親分肌というか、面倒見がいいというか、いつもジャージーを着て活発な子でした」という証言があった。

好きな食べ物

味噌ラーメン・カルボナーラ・紅ショウガ

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る