オリヴィア・コールマン

イギリスの俳優

オリヴィア・コールマンについて

オリヴィア・コールマンはイギリスの女優であり、2018年の『女王陛下のお気に入り』でアカデミー主演女優賞を受賞したことで知られている。2019年には大英帝国勲章の第3位にあたるコマンダー章を授与された。

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ではメリル・ストリープ演じるサッチャーの娘役を演じている。ドラマでも活躍しており、『ブロードチャーチ~殺意の町~』では英国アカデミー賞ドラマ部門主演女優賞を獲得した。また、声優として『借りぐらしのアリエッティ』イギリス版での吹き替えを担当している。

基本プロフィール

芸名 オリヴィア・コールマン (Olivia Colman)
本名 サラ・キャロライン・オリヴィア・コールマン (Sarah Caroline Olivia Colman)
国籍 イギリス
性別 女性
身長 170cm
誕生日 1974年01月30日 (46歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

デビュー年 2000

好きなタイプ

「好きなことは自宅で夫と一緒にいること」というほど夫が大好きである。

性格

気さくで飾らない人物であり、アカデミー賞受賞時のスピーチでは「オスカーとっちゃった!」と切り出し、会場を大いに沸かせた。

『女王陛下のお気に入り』でのレイチェル・ワイズやエマ・ストーンとのラブシーンについて「ふたりとも大変な美女でしょう。恥ずかしいったらなかったけれど、リハーサルの時にすごく親しくなったから本番の時はくすくす笑いっぱなし。レイチェルにキッスするなんて素晴らしいチャンスだったし(笑)」などとあけすけに語っている。

一方で、「実際の私は修道僧のよう」と『ローリングストーンズ』誌のインタビューでは語っている。また、1人目の子供を出産時に産後うつを経験している。

趣味

『ガーディアン』紙のインタビューでは「好きなことは自宅で夫と一緒にいること」と語っている。

特技

デビュー前の経歴

ケンブリッジ大学演劇科で学び、ケンブリッジ大学フットライツ・ドラマティック・クラブで舞台を踏むなどしたのち、ブリストルの演劇学校へと進んだ。26歳の時にBBCのコメディーショーでプロの俳優としてデビューし、主に喜劇を中心に脇役としてテレビ・映画出演を続けていた。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 イギリス
出生地域 Norfolk
高校 Norwich High School for Girls→Gresham's School
大学 ケンブリッジ大学→Bristol Old Vic Theatre School

家族のエピソード・詳細

かつてバレエダンサーを目指していた看護師の母と、測量士の父の間に生まれる。彼女の家系について、2018年に『Who Do You Think You Are? 』シーズン15で詳細なファミリーヒストリーが調査されたことがある。

ケンブリッジ大学在学中に知り合った法学部出身の作家、脚本家であるエド・シンクレアと2001年に結婚しており、3人の子供がいる。

解散・引退について

周囲からの評判

整形

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る