キム・ソイ

韓国の俳優・韓流スター

キム・ソイについて

キム・ソイは、1991年にMBC公開採用タレントとしてデビューした、韓国の女優である。

2003年に、ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』で演じた、ミン尚宮ことミン・グィヨル役が好評で、人気が上昇する。2005年に、NHKの韓国ドラマ特集『チャングムの誓い大事典』に、ゲスト出演した。夫と離婚していたことが、報じられている。

基本プロフィール

芸名 キム・ソイ (Kim Soi)
本名 キム・ソウォン (Gim Sowon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 161cm
体重 43kg
血液型 O型
誕生日 1969年02月23日 (51歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 オリーブ9

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キム・ソイは、1996年から2年間熱愛後、1998年に相手男性である整形外科医師と結婚し、2006年に離婚した。

2008年のケーブルチャンネル、『YTNスターニュース』のインタビューにて、「性格の違いにより、離婚した」ことを伝え、衝撃を与えた。

「喧嘩別れした訳ではないので、今でも食事したり、映画を観に行ったり、長い間一緒に暮らしたので、楽に付き合える友達のようだ」と話している。

趣味

キム・ソイの趣味は、スキーとゴルフである。

特技

キム・ソイの特技は、カヤ琴とピアノである。

デビュー前の経歴

キム・ソイはデビューする前は、カヤ琴の奏者であった。

出身・家族・学歴

兄弟 1男3女の2番目
高校 不明
大学 漢陽大学校国楽科

関連するアーティストを見る