キム・シニョン

韓国の俳優・韓流スター

キム・シニョンについて

キム・シニョンは、韓国の喜劇俳優である。

1983年12月20日に、『SBS公開採用7期コメディアン』でデビューした。司会者としても活躍しており、『青春不敗』では、KBS芸能大賞ショー・娯楽MC部門新人賞を受賞するほどで、他にも数々の番組に出演している。

2003年には、SBS『ウッチャッサ(笑いを探す人たち)』で、コメディアンのキム・テヒョンと共演したことをきっかけに、それ以降もテヒョンとコンビを組むことが多く、『スターゴールデンベル』や、『セバキ(世上を変えるクイズ)』などにも出演している。

基本プロフィール

芸名 キム・シニョン (Kim Shin young)
国籍 韓国
性別 女性
身長 153cm
体重 52kg
血液型 B型
誕生日 1983年12月20日 (36歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 A9メディア
デビュー年 2002

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

キム・シニョンは、ブランドなど、メーカーを熟知しており、お金をある交際相手に、よく使っていた。交際100日目で、プレゼントをあげる時に、通帳にお金を入れてあげたことがあるという。

デビュー前の経歴

キム・シニョンは、大邱で生まれるも、京畿道富川市で育った。現在は、京畿道金浦市に居住している。

デビュー前は、柔道選手であった。当時、心を決めるために散髪したが、男性と間違われることもあったという。

2002年に、芸苑芸術大学コメディー演技学科に入学し、学科教授であり、喜劇俳優である、イ・ヨンジャの愛弟子となる。

2003年に、SBSギャグコンテストで、たくあんブラザースとして参加し、大賞を受賞した。その後、SBS公開採用7期ギャグマンとして、デビューした。以降『笑いを探す人たち』を含め、各分野で活躍している。

出身・家族・学歴

高校 東明女子情報産業高等学校
大学 芸苑芸術大学コメディー演技科

周囲からの評判

キム・シニョンについて、ギャグマンのチョン・ソンヒは、「シニョンは、意外と芸能人に向いていない性格かもしれない。内向的で、根暗なところも多く、何より苦労をたくさんしている。ただ、そんな中にいても、面白いネタを考えてくるので、やっぱりコメディアンには向いているのかな」と述べている。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る