キム・キュジョン

SS501 K-POP・韓国のアイドル

キム・キュジョンについて

キム・キュジョンは、韓国の歌手である。2005年に、アイドルグループ、SS501のメンバーとして、アルバム「SS501」でデビューした。

メンバー内でユニットを組み、Double S 301としても活動を始める。全員が、元の事務所から移籍してしまい、今後の活動は未定で、活動停止中である。

基本プロフィール

芸名 キム・キュジョン (Kim KyuJong)
本名 キム・ギュジョン (/Kim KyuJong)
国籍 韓国
性別 男性
身長 182cm
体重 65kg
血液型 A型
誕生日 1987年02月24日 (33歳)
干支
星座 うお座

所属

参加グループ

SS501

事務所 CIエンターテイメント、ジェイドリームカンパニー(個人事務所)
デビュー年 2005

性格

キム・キュジョンは犬が大嫌いで、犬を見ると他のメンバーの後ろに逃げ隠れるほどである。また、高所恐怖症で、高いところに上ると気絶するほど重症である。そのため、普段から5階以上の建物には上がらないようにしている。怖がり度をチェックする内容のバラエティ番組では、他のメンバーが楽しむ中、1人だけ泣いていたことがあり、メンバーから小心者扱いをされている。

また先輩、後輩に関わらず、90度に腰を曲げてしっかりとお辞儀をし、挨拶することで有名。温厚な性格で人当たりも良く、あまり怒ることがなく、メンバー達が「彼が怒ったところを見たことがない」と言うほど、とても優しい性格の人物である。 キム・キュジョンが、1番行ってみたい場所は「宇宙」。夜は自分の体よりも大きなゴム人形を抱いて寝ており、幽体離脱をよく経験すると話している。好きな色は黄色で、黄色の服を着ていることがよくある。 テレビ番組では標準語を使うが、インターネットのやりとり等では故郷全羅道の方言をよく使う。また、テンションが上がって興奮状態になると会話にも方言がたくさん混じる。

性格は、元々静かな方なので、ソロ活動が辛かったという。

グループの時には、知らないことも沢山あり、メンバーにとても感謝している。メンバーの中で、一番勤勉で、自ら早く起きて、メンバーの洗濯、掃除、食器洗い、料理などを担当していた。

また、高所恐怖症で、滅多に怒らない性格である。寝る時は、自分よりも大きなクマのぬいぐるみを抱いて寝るそうだ。食べ物は、ハムが嫌いである。音楽を聴きながら、散歩することが好きで、好きな色は黄色である。

インスタグラムでは、全羅道の方言を使っている。

趣味

キム・キュジョンの趣味は、映画鑑賞、詩集を読むこと、旅行である。散歩しながら音楽を聴くのが好きで、よく聴くのは歌手のピ(Rain)や、セブンの曲である。日本の歌手ならB'z(ビーズ)が好きだという。自身の所属するSS501の中では、韓国での発売曲「世の翼」「confession」、日本での発売曲なら「distance」「こころ」「光」が好きだと話す。 また、映画鑑賞や読書も好きで、好きな映画は怖がりな彼からは想像がつかないが「デスノート」シリーズ、「バトルロワイヤル」シリーズである。また、好きな小説は『ベロニカは死ぬことにした』。小説のみでなく詩集を読むのも好きである。 また、バイクに乗って、ストレスを発散することにハマっているようだ。家事全般を得意としており、料理から掃除まで難なくこなす。

特技

キム・キュジョンの特技は、マジックである。キム・キュジョンは昆虫類が得意で、素手で虫を捕まえることができる。バッタなどを掴むことは朝飯前だという。 声帯模写も得意で、なかでもタレントのキム・ジョングクの声帯模写が得意だ。また、手先が器用でマジックも得意である。なかなかの腕前であるとのこと。 家事が全般的に得意で、中でも料理はかなりの腕前である。キム・キュジョンは「カレーには自信がある!」と公言している。 また、コンピューターの技能免許を持っている。

デビュー前の経歴

キム・キュジョンは高校在学中、副会長を務めていた。元々、生徒会長に選ばれていたが、歌手デビューを準備している理由で、無効となった。しかし、これに学生らが反発し、副会長にまでなったとのこと。

中学時代から歌手になることが夢で、雨の日に傘を差して歌の練習に励んだエピソードがある。その後、数々のオーディションに応募しては、不合格を経験。「これで最後だ!」と思って応募した「DSPメディア」のオーディションに合格して、SS501に加入。メンバー中、唯一オーディションからメンバー入りを果たしたことになる。 そして、2005年に放送されたリアリティープログラム番組『M!PICK』への出演を機に、広く名前が知られるようになった。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 全北大学校師範大学付属高校
大学 慶煕サイバー大学中国学科、百済芸術大学実用音楽科

周囲からの評判

キム・キュジョンは、自称「SS501の中心」である。日本でも、デビュー前から「SS501の中心」と言っていたが、途中から「SS501の光」に変わった。本人は、「光」という言葉が、恥ずかしいらしい。

とても手が綺麗で、自慢であるという。性格上怒ることはなく、メンバー達ですら、「怒ったり、イライラしている姿を見たことがない」と言っている。

メンバーの中で唯一、オーディションから芸能界入りした努力家であり、「雨の降る日に傘を差して歌を唄い、歌が上手くなるようにと練習をしていた」というエピソードを語ったことがある。 テンションが上がると、故郷の全羅道の方言がよく飛び出し、デビュー当時から地方出身のどこか真面目で純朴な青少年のイメージが強くあった。

整形

キム・キュジョンは、歯矯正とレーシックをしている。

公式サイト・SNS

SS501のYouTube Channel

キム・キュジョンの楽曲

すべての楽曲を見る

SS501のメンバー

関連するアーティストを見る