オ・ダルス

韓国の俳優・韓流スター

オ・ダルスについて

オ・ダルスは、韓国の俳優である。大邱生まれで釜山育ちであり、韓国映画界には欠かせない俳優。主演級の名脇役として存在感を示し、コミカルな笑いを誘っている。

1989年に劇団に入団し、当初は演劇の舞台で活躍していた。2000年に入団した劇団、「蜃気楼 万華鏡」の代表を務める。2002年に、『海賊、ディスコ王になる』で、映画デビューを果たす。映画『オールドボーイ』で評価を集め、以後『親切なクムジャさん』や、『サイボーグでも大丈夫』『グッド・バイ・アワード』など、様々な作品に出演している。

基本プロフィール

芸名 オ・ダルス (Oh Dal-su)
本名 オ・ダルス (Oh Dal-su)
国籍 韓国
性別 男性
身長 176cm
体重 68kg
血液型 A型
誕生日 1968年06月15日 (52歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 スターピルリジエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

オ・ダルスは、1996年に結婚し、2001年に離婚した。夫人とは、学生時代に仲の良い友達であった。

意外と恵まれた環境で育ったにも関わらず、そんなそぶりを一つも見せず、何か買ったりするときには、お金を多く出してくれたりと、優しさを沢山くれる人であった。イ・ユンテクの下で演技を習おうと、ソウルから釜山に降りて来た、劇団の同僚の1人である。

ダルスには、娘が1人いる。

オ・ダルスとチェ・グッキは、同じ業界で働きながら、演技に対して互いにアドバイスや意見を交わす、親しい先輩後輩の関係であった。

2012年の映画『10人の泥棒たち』の出演をきっかけに、交際をスタートさせ、公式ホームページにて発表した。

ダルス本人は、「静かに交際していたのですが、新年最初の記事で、大きくなってしまい、慌てました。3年間大事に過ごして来ただけに、今後も見守って頂きたいです」と述べている。

出身・家族・学歴

高校 釜山へグァン高等学校
大学 釜山東義大学中退

周囲からの評判

オ・ダルスは、韓国の映画界では、「観客を呼び込む妖精」と呼ばれて愛される程、実に7作品もの出演作品で、1000万人の観客を動員した。

同僚俳優からは、「全ての監督が、一緒に働きたがる俳優」、監督からは、「まさに、韓国映画のために降りて来てくれた妖精」とまで、言われている。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る