ペク・スンヒョン

韓国の俳優・韓流スター 韓国のタレント

ペク・スンヒョンについて

ペク・スンヒョンは、中央大学演劇学科を卒業しており、2000年にSBS公開採用第9期生オーディションで合格し、タレントとしてデビューした。俳優チョ・インソン、女優キム・ハヌルが出演した『ピアノ』、俳優イ・ビョンホン、女優ソン・ヘギョが出演した『オールイン』、女優ハン・チェヨンが出演した『オンリーユー』等のドラマに出演している。

また、2011年に放送された俳優イ・ミンホ、女優パク・ミニョンが出演した『シティハンター』では、パク・ミニョン演じるヒロイン「ナナ」の職場の上司役として出演し、少ない登場にも関わらず話題となった。

基本プロフィール

芸名 ペク・スンヒョン (Baek Seung Hyun)
本名 ペク・スンヒョン (Bake Seung Hyun)
国籍 韓国
性別 男性
身長 176cm
体重 0kg
血液型 B型
誕生日 1975年03月01日 (45歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 ULエンタテインメント
デビュー年 2000

好きなタイプ

不明

性格

ペク・スンヒョンは、努力を好む人で、どこか少年っぽさを感じる一面もあるが深く考えてから行動に出るタイプである。

あるインタビューでは、「自身の考えを相手に押し付けることは嫌いだ。相手にもそれと同様のことをされるのが苦手だ。」とも述べている。

また、彼は自分を客観視するのが得意である。その為、今自身に求められているものは何なのか判断することができ、それが現場スタッフや監督たちにまた次の作品で起用したいと思わせる彼なりの俳優という地位を築く土台になっていると思われる。

趣味

ペク・スンヒョンの趣味は、読書、映画鑑賞である。

普段からよく本を読み、映画も鑑賞するため、書籍や演劇、映画の評論をすることもある。また、執筆活動も行っている。

特技

ペク・スンヒョンの特技は、英会話、パントマイム、ものまねである。日本語も独学で学んでおり、平仮名の読み書きレベルならできるとのこと。

大学在学中には、日本の映画監督である小津安二郎の作品について研究をしており、その際に日本語を覚えている。英語については韓国の外国語大学に入学し、ボストンへの留学経験があるため、流暢に話すことができる。

デビュー前の経歴

ペク・スンヒョンは、韓国外国語大学校へ進学し、在学中には英語習得のためアメリカ・ボストンへ渡米している。その時はまだ俳優というものを意識してはいなかったが、たまたまニューヨークで見たミュージカルに大変感動し、この時のことが後に俳優を志すきっかけとなった。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 養精高等學校
大学 中央大學校

周囲からの評判

ペク・スンヒョンは、主役などの目立った役どころを演じる俳優ではないが、「その安心して見ていられる演技力やその他の配慮、判断が完璧で素晴らしい俳優だ。」と専門家からの評価は高い。

また、現場スタッフや関係者いわく「助演俳優にしておくのは、勿体ないほどのスペックを持っている俳優の内の1人。でも、だからこそ助演俳優としてドラマや映画をより良い物に仕立て上げてくれる。彼がいると安心だ。」と絶賛している。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る