ペク・イルソプ

韓国の俳優・韓流スター

ペク・イルソプについて

ペク・イルソプは1965年KBS公開採用タレント5期で合格し、デビュー。

1992年放送された『息子と娘』の劇中で「ホンド(役名)~泣くな~!お兄ちゃんがい~~~るよっ!」等の印象的なセリフ回しで、数々の流行語を作った。その他では、とても優しい印象の容姿から、人の良さそうな役どころを演じることの多い俳優である。

基本プロフィール

芸名 ペク・イルソプ (Baek Il Sub)
本名 ペク・イルソプ (Baek Il Sub)
国籍 韓国
性別 男性
身長 176cm
体重 82kg
血液型 O型
誕生日 1944年06月10日 (76歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 シンエンタテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

ペク・イルソプよりも10歳年下のチェ・ミヨン氏と結婚。当時すでに俳優として活動していた為、チェ・ミヨン氏の両親からひどく反対されたという。しかし二人の意志は強く話し合いの末、結婚に至る。

結婚後は息子1人、娘1人という子宝に恵まれ、円満な夫婦生活・家庭生活を送っていたと思われていたが、2016年11月に「卒婚」をしたことが報道された。当時、日本で多く見られた「卒婚」現象。離婚するのとも違い、別居ともまた違う「卒婚」という流れにいち早く乗った韓国人俳優だった。

卒婚をする際に、妻であるチェ・ミヨン氏に対して「僕は家を出ようと思う。」と話し、「夫として、父として、誉めて欲しい時や慰めて欲しい時もあった。また、夫として父として家庭の役に立ちたかったが、できなかったと思う。それぞれの立場があり、ちょうどその時にお互い力になってあげられなかった事がたくさんあった。すれ違いの溝がとても深まってしまった。」と続け、卒婚をするに至ったと番組で話した。

好きなタイプ

ペク・イルソプは色々な記事のインタビューで見るように自身が寂しがり屋な為、理想の女性のタイプは「自身を頼ってくれる人」とのことだ。いくつになっても周りの人たちから、ちやほやされていたいと思うタイプのようだ。

ペク・イルソプ自身も話していたが、「デビューし、約10年間の無名時代を過ごした後にテレビドラマで人気を博した際には、テレビ局に彼個人の控室が用意される程の対応を受け、番組収録が終わるとテレビ局の前には多くの女性ファンが詰め寄せており、その時に芸能人病にかかった。」とのことだ。

当時の思い出がある為、今でもその時が忘れられないようだとも話していた。

性格

ペク・イルソプはインタビュー記事などから読み取れ、とある記者も話していたが、寂しがり屋な一面があり認めて貰いたいという意志が強い性格の持ち主だったようだ。映画やドラマの現場のみでなく、妻や家族からも認められたいという願望が強く出ていたようだ。

卒婚をすることになった際に、インタビューで「妻や家族は、私が家に帰っても嬉しそうにはしてくれなかった。」と語り、息子もインタビューで「幼い頃から父の姿を思い浮かべると1番最初に怒っている姿を思い出す。そして、いつも眉間に皺を寄せて難しい顔をしていた…その他の父の姿は…」と言葉を詰まらせていた。

趣味

ペク・イルソプは釣りとゴルフが趣味。

バラエティ番組の『花よりおじいさん』では、ちょっと面倒くさがりだったり、歩くことを嫌い、5分ほど歩かせると引率しているイ・ソジンに対して「年寄りをどれだけ歩かせる気だ!」と声を上げたりする短気な一面が見れるが、忍耐力を必要とする釣りが好きだったり、広い敷地を歩くこともあるゴルフが好きという。

もちろんゴルフ場ではカートに乗って移動するというが、好きな事をしている時には少し面倒なことでもイラっとすることなんてないのだそうだ。

特技

ペク・イルソプはダイビングが得意とのこと。しかし、ペク・イルソプ自身がこの特技について特に言及したことはなく、詳細は不明になっている。

デビュー前の経歴

ペク・イルソプのデビュー前の活動経歴は特になく、「大学在学中に演劇デビューを果たし、それまで特に夢や目標もなかったのでなんとなく演劇俳優を始めた。」と語っており、デビューしたがその後は約10年間の無名時代があった。

自身の母親を呼び寄せて一緒に生活していたが、演劇にはキャスティングされるが全く売れず端役を継続していかなければならなく、生活が大変厳しかった時代を過ごしていた。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 カンムン高等學校(現在は龍文高等學校)
大学 明知大學校

周囲からの評判

ペク・イルソプは映画界を主に活動の中心としていたが、1990年代にはテレビドラマ等に注力し、活動場所を広げていった。また、1980年代後半から映画の製作にも関わるようになっていったという。

そして、ペク・イルソプは、パク・ジョンヒ政権時代に青瓦台(チョンワデ:韓国の大統領がいる所)に正式招待された芸能人の第一号の人物であるとして多く知られている。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る