ユ・ミニョク

韓国の俳優・韓流スター

ユ・ミニョクについて

ユ・ミニョクは、2003年MBCドラマ『男の香り』でブラウンデビューし、2005年SBSドラマ『グリーンローズ』、2007年SBSドラマ『ブルーフィッシュ』、2007年MBCドラマ『イ・サン』、2010年SBSドラマ『大丈夫、パパの娘だから』に出演した。

2002年には、映画『いい人がいるなら紹介させてちょうだい』でスクリーンデビューして、それ以外にも『まわし蹴り』、『夢はかなう』に出演している。

基本プロフィール

芸名 ユ・ミニョク (Yoo Minhyuk)
本名 ユ・ピョンソン (Yu Byeongseon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 180cm
体重 70kg
血液型 B型
誕生日 1977年03月09日 (43歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 サイダスHQ

性格

ユ・ミニョクの性格は、外見の鋭い目つきとは反対に、努力家で、ボランティア精神も持ち合わせた人格者である。

ユ・ミニョクは『ノーカットニュース』に出演した際に、「様々な演技を通じて、どのような役割でもやり尽くします。同僚たちにも手本になる演技者になりたい。また、将来的には、貧しい方達も助ける活動をしたい。」と明らかにしている。

趣味

ユ・ミニョクの趣味は、ドライブ。

特技

ユ・ミニョクの特技は、格闘技。

デビュー前の経歴

ユ・ミニョクは、高校1年の学校祭の時に演劇『フンブとソルブ』の主人公を務め、舞台に立つ喜びを感じ、演技者を夢見るようになった。

その後はTTL、衣類、化粧品などの製品広告のモデルとして活躍し、長い下積み時代を経て、2001年MBC短幕ドラマ『わが家』で本格的に俳優デビューを果たした。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1姉1

周囲からの評判

ユ・ミニョクの周囲からの評判としては、『ノーカットニュース』に出演した際に、SBS人気ドラマ『グリーンローズ』の感想について語っており、「目つきを強くと言う指示があったので、いつも以上に視線を意識して演技したが、逆に目線がきつすぎることが原因で酷評を受けるとは思わなかった。」と残念そうな表情で語っている。

しかし、その撮影中は、相手によって目つきの演技を変えることを繰り返したことで、視線の演技が上手くなった、とも語っている。

整形

なし

関連するアーティストを見る