ユ・ドングン

韓国の俳優・韓流スター

ユ・ドングンについて

ユ・ドングンは1980年TBC 公開採用23期に合格して、1983年 KBS2ミステリードラマ『霧』でデビュー。時代劇ドラマへの出演が多く「王様俳優」と呼ばれているが、現代劇やコミカルな演技もこなしている。

主な出演作は、映画『野獣』、『肩組み』、『家門の光栄』、ドラマ『鄭道伝』、『九家の書』、『龍の涙』など。

基本プロフィール

芸名 ユ・ドングン (Yu Donggeun)
本名 ユ・ドングン (Yu Donggeun)
国籍 韓国
性別 男性
身長 177cm
体重 72kg
血液型 AB型
誕生日 1956年06月18日 (64歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 イマジンアジア
デビュー年 1980

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チョン・インファは俳優のユ・ドングンの妻として、芸能界の代表インコカップルとしても有名である。演技大賞で、夫婦が2人とも大賞を受賞したという、4カップルの中の1組夫婦である。

9歳年上のドングンとのロマンスが、世間では有名である。当時、嘱望されていた新であったインファは、時代劇に投入されてから、先輩の演技者であるキム・ウルドンから、時代劇発声や演技法をきちんと教えてくれる演技者として、ドングンを推薦した。

そのことをきっかけに、2人は1989年に結婚した。結婚30年目が近いが、依然として仲はよく、妻を応援しようと、撮影場にコーヒートラックを送って、夫婦愛を見せた。

2010年10月14日放送されたSBS『真夜中のTV芸能』でチョン・インファは「時代劇にキャスティングされたが、私が演技ができないから紹介して貰ったのがユ・ドングン氏だった、たくさん教えてもらったがドラマが終わって練習が終わるまでほめて貰えなかった」と笑いながら話した。

チョン・インファは大学卒業後すぐ、ユ・ドングンと結婚した理由について「当時結婚は既に私に運命のようだった、本当に慎重な人で、私には陰のような人な気がして卒業して23歳の時、すぐ結婚した」と話した。

チョン・イナは1989年に、9歳年上の俳優、ユ・ドングンと結婚した。

ドングンは、時代劇の王様俳優として、人気がある。2人は、共にCMや放送に出演し、韓国を代表するおしどり夫婦として、有名である。

2人の結婚式の写真などが公開され、世間の視線を集めた。

好きなタイプ

2011年11月26日放送されたKBS 2TV『ヨンイェカ中継』に出演したユ・ドングンは男性スターたちがチョン・インファを理想だと選ぶのに関して「多くの男性が好きだ」と口を開いた。

続いて「だからチョン・インファ氏が相当きれいだと事だ」と付け加え、率直に妻の美貌を絶賛した。

性格

表向きで大ざっぱだが、ユ・ドングンは、演技だけは身命を尽くして、いつも最後だと思って務める。

2011年1月4日午後放送したKBS2『スンスンジャング』に出演したチョン・イナは「私の夫のユ・ドングンは90点の夫だ」と話した。さらに「しかし、夫のような男は婿としては反対だ」と言った。

「うちの娘はいつも遊んであげなければならないし、楽しくしてあげなければならないが、ユ・ドングン氏は慎重で、無口な性格なので、そのような性格は、娘と合わなと思う」と理由を明らかにした。

インタビューでドラマの高い視聴率と人気のお祝いに「ありがたいことです。しかし、僕や家内の性格がそんなことに大きく反応しない方です。ただそうらしいとします。少したんたんとしたスタイルです。すぐに雰囲気に飲み込まれるタイプではない。」と話した。

趣味

インタビューで「チョン・イナ、ユ・ドングン夫婦の趣味がゴルフなので、一ヶ月前にやっと一度ラウンディングした。球歴10年のユ・ドングンは確実なシングル。球歴8年のチョン・イナは85打前後を打つ」と話した。

特技

ユ・ドングンのプロフィール上の特技は水泳である

デビュー前の経歴

ユ・ドングンは江原道高城郡で生まれたが、ソウル特別市で住んでいたので故郷に対する記憶はないが、中学校の時、父親と古城にある祖父のお墓を行く時から、本籍を高城郡に置いた自負心を秘めている。

1977年、演劇俳優として初のデビューをし、1980年TBC東洋放送23期公採タレントとして正式デビューした。

出身・家族・学歴

兄弟 姉1
高校 ソウル・デザイン高等學校
大学 ソウル藝術大學校・演劇学科

周囲からの評判

ユ・ドングンは一媒体とのインタビューで、女優イ・ハヌィを褒めて、これに関してイ・ハヌィは先輩の演技者であるユ・ドングンの称賛に感謝した。

インタビューを探して読んで泣きそうだった心境について、「本当にありがとうございました。このようなお話を聞く資格が自分にあるのかと思いながら軽くしてはいけないと思いました。先輩らが全部見ていらっしゃると思ってもっと使命感を持って演技しました。(中略)ユ・ドングン先輩のインタビューを見て座り込んで泣きそうでした。そんな言葉は拡声器のようによく聞こえるんじゃないですか。先輩がそんな言葉をおっしゃってくださるから、座って泣きたいと思い、ちゃんとしなければならない気もしました」と話した。

俳優ソン・ジェヒはインタビューで、「今まで会った俳優の中で最も印象深い俳優は」という質問に「ユ・ドングン先輩は誰よりも早く来て準備して練習もたくさんします。ベストカットが出てももう一度を撮ることを希望しているなど、情熱が並はずれている。先生の姿を見ると本当に学ぶ点が多い。誰より自分の役割を愛している」と答えた。

整形

なし

尊敬するアーティスト

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る