ユ・ジテ

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

ユ・ジテについて

ユ・ジテは映画俳優としてデビューする前は、舞踊家や雑誌のモデルとしても活動していた。

1998年『バイ・ジュン』で映画デビューした後はヒット作品に出演し、2000年公開の『同感』によって新世代スター候補として注目を集める存在となった。俳優業のみならず、2005年には映画『盲人はどんな夢をみるのでしょうか』で監督デビューも果たしている。

主な出演作は、映画『バイ・ジュン』、『南極日記』、『ザ・テノール 真実の物語』、ドラマ『スターの恋人』、『ヒーラー』など。

1993年現代舞踊授賞式・大賞、1997年モデルセンター・男性新人モデル賞1998年写真家協会・ベストモデル賞、2000年第21回青竜映画祭・人気スター賞を受賞している。

 

基本プロフィール

芸名 ユ・ジテ (Yu Jitae)
本名 ユ・ジテ (Yu Jitae)
国籍 韓国
性別 男性
身長 187cm
体重 74kg
血液型 AB型
誕生日 1976年04月13日 (44歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 Namoo Actors

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

キム・ヒョジンは、2006年にファッションブランドの撮影で俳優ユ・ジテと出会い、互いに好意を抱いた。

その後キム・ヒョジンがアメリカへ行き、キム・ヒョジンとの電話にて「私を追ってアメリカにきてくれたら付き合う。」と伝えた。

その言葉を受けて、ユ・ジテはアメリカに行き、2人の交際がスタート。約5年間の交際を経て2011年に結婚した。

ユ・ジテとキム・ヒョジンは2003年愛し合う恋人コンセプトで撮影したアパレル広告で初めて会った。

インタビューで「当時、デイビンリン監督の『密会(1945)』に出てきた音楽にはまっているときだった。照れながら聴きながらヒョジンに何の曲か知っているのかと聞いたら、短辺に当てて驚いた。 『僕が好きなのを共有できる人がいる』とそのとき思った」と話した。

女優のキム・ヒョジンとは5年間交際の末に結婚した。結婚3年で息子ユ・スが生まれた。

好きなタイプ

ユ・ジテはインタビューで、「キム・ヒョジンと初めて会った時、当時本を読んでいた8歳年下のキム・ヒョジンの姿にほれて3年間片思いをした」と話した。

また、「自分が好きなクラシック音楽を一気に当てたキム・ヒョジンを見て、好きなのを共有できる人がいると思った」と話した。

性格

ユ・ジテについて2016年10月31日に放送されたSBSラブFM『ソンウンイ、キムスクの姉さんのラジオ』で俳優のチョン・ソンファは「映画の撮影をした時も僕がどんな話をしても笑ってくれた。僕自信がとても面白い人になった気がした。大したことじゃないにもかかわらず、たいしたことに作ってくれる。空気を作るのは最高だ」とユ・ジテの性格を説明した。

2016年8月28日『tvREPORT』の記事にて「キム・ジュンホ釜山(プサン)国際コメディ・フェスティバル執行委員長は、去る27日、開幕式の行事に出席してくれた俳優のユ・ジテに感謝の気持ちを伝えた。またユ・ジテの性格を知ることができるエピソードも伝えた。キム・ジュンホは『僕の家の下には学科の後輩女三人が住んでいた。ところが体育大学だったのか、他の学科の子たちがいじめてるのを見て、ユ・ジテが行ってその子たちを叱った、ユ・ジテは、いつも上品な性格で、義理派だ。愛妻家のイメージも強いが、絶対に浮気はしなそうだ』」と伝えた。

趣味

プロフィールによるユ・ジテの趣味は音楽鑑賞だ。

インタビューで「元々はインディーズ音楽が好きだった。大学通う時、演劇演出を専攻したが、舞台効果のため探して聞き始め音楽自体に陥った。その後、クラシックに心酔し当時はCD集めるのが趣味だった。 例えば、龍一坂本が有名ではなかった時、彼のアルバムを買い集める楽しさがあった。ところが、デジタル音源時代に入ってCDが買えるところがますます消えた。とても残念に思う」と話した。

特技

プロフィールによるとユ・ジテの特技は写真撮影だ。

2016年10月31日に放送されたSBSラブFM『ソンウンイ、キムスクの姉さんのラジオ』で俳優のチョン・ソンファは「ボーリングの実力はユ・ジテがはるかにましだ。ユ・ジテは、1日に4時間ずつ練習した」と話した。

しかし、「フォームは僕の方がいいかもしれない。フォームを中心に練習した」と言って笑いを与えた。また、最近俳優のキム・スヒョン、歌手のイ・ホンギなどがプロボウリング選手に挑戦した。

ユ・ジテにプロ選手に挑戦するつもりはないかと聞くと「3ヵ月だけもっと時間が有ったら、プロボウラーに挑戦しようとした。しかし、来年にはスケジュールがつまっていて大変そうだ。平均は180程度出る」と答えた。

デビュー前の経歴

ユ・ジテのおじいさんは多選国会議員のユ・オクウ。ソウル生まれで、全羅南道新安(シンアン)でしばらく幼年期を送ったことがある。彼は幼い時に家計は裕福だったが、父親の事業失敗で家計が傾き、父親死亡後、家長になってしまった。

看護婦の母の下で厳しく育てられたという。そのような母親の性格から二十歳の時から積立金を持って節約して生活したという。福祉に関心が多いのはどうしても母の影響だったようだ。

身長188cmの長身に体重90kgの優越なスペックと現代舞踊戦で大賞を受賞した前途有望な舞踊手だったが、大学2年生の時腰の負傷でやめて1997年にファッションモデルで初デビューし、4年間ファッションショーと雑誌を走り回ったベテランモデルとして活動した。1998年、映画『バイ・ジュン』で俳優デビューした。

出身・家族・学歴

兄弟 なし
出生国
出生地域
高校 徽文高等學校
大学 檀國大學校・演劇映画学科、中央大學校・先端映像大学院・映像芸術学専攻修士

解散・引退について

周囲からの評判

ユ・ジテについて映画『春の日は過ぎゆく』のホ・ジンホ監督はインタビューで「『どうして愛が変わるの』は難しい台詞だった。撮らないかともしたが、ユ・ジテの微笑が良かった」と話した。

映画『オールド・ボーイ』のパク・チャンウク監督は「成長が止まってしまった大人に近い子供を完璧に表現した。彼の声には善良さと弱さが一緒にある」と伝えた。

俳優のウ・ドフヮンはインタビューで『「一緒にやってみたい俳優があったのか」という質問に「ユ・ジテ先輩とも本当に一緒にやってみたかった。学校に通う頃から先輩に関する話をたくさん聞いた。本当に実際に会ってみると本当にカッコイイ俳優だ。主人公として周りの人らの世話をすること、それが無理やりではなく、体についた方だなと感じた」』と話した。

整形

なし

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る