ユ・オソン

韓国の俳優・韓流スター

ユ・オソンについて

ユ・オソンは文芸振興院の演劇アカデミー出身で演劇『血筋』で俳優デビュー。

主に助演として様々なジャンルで活躍してきたが、チャン・ドンゴンとダブル主演した映画『友へ チング』が当時の史上観客動員数の記録を塗り替え、一躍トップスターとなった。

主な出演作は、映画 『友へ(チング)』、『角砂糖』、『ありがたい殺人者』 、ドラマ『透明人間 チェ・ジャンス』、『恋人よ』、『神医』など。

基本プロフィール

芸名 ユ・オソン (Yu O-Seong)
本名 ユ・オソン (Yu O-Seong)
ニックネーム
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 74kg
血液型
誕生日 1966年09月11日 (53歳)
干支
星座 おとめ座

所属

レコード会社
事務所 Jconcompany
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ユ・オソンは1998年11月12日、演劇俳優だった当時、同じく演劇俳優のミョン・ギョンスと結婚した。

1994年、劇団チャイムの創立メンバーのユ・オソンに出会った。その後、1996年建国(コングク)大学仏文学科を卒業して、演劇『小人が打ち上げた小さいボール』、『スターになる』などに出演した。

二人の間には息子1人がいる。いんたねショッピングモールを経営したミョン・ギョンスは2002年当時、モッツァレッラという子供服を経営していた。

好きなタイプ

ユ・オソンは2011年8月に放送されたKBS2TV『キム・スンウのスンスンジャング』に出演して結婚記念日を言及し、「毎年結婚記念日ごとに私たち夫婦はカップルリングを分けてはめている。ところが妻が3~4日後から指輪をはめなかった。後から知ったけど、貴金属店に行って妻が指輪を売った。その程度で生活苦が深刻だとは知らなかった」と伝えながら、献身的な妻に対する感謝の気持ちを示した。

性格

ユ・オソンはいつかから演技だけでなく、芸能にも関心を持って映画俳優にしてはしばしば出演しながらイメージを崩し始めた。 バラエティー番組『ギャグコンサート』に出演して達人コーナーで第2の高弟として直接の扮装も自任した。

またバラエティー番組『三周』、『明朗ヒオロ』、『黄金漁場-ラジオスター』など、かなり攻撃レベルが高い芸能プログラムでも大胆に出演し、こっけいな姿を見せる上、率直で淡々とした発言をはばかることなく話した。

ユ・オソンの率直で淡々とした告白で、これまで知らなかった彼だけの性格と考えを新しく知っていく面白さも堪能できる。視聴者たちが考えている強烈なイメージとは違って「妻が息子に怒る時、自分も胸がドキドキするほどだ」と発言して、意外な恐妻家気質も見せた。

2009年1月号・雑誌『レディー傾向』のインタビューで「『俳優ユ・オソンには強い男性性が感じられる。実際の性格も似ているか?』の質問に『外剛内柔に近いです。強い役柄を通じて見せてくれたイメージの大きさくらい優しさを持っています。実際僕は利他的な性向の人です』」と伝えた。

趣味

プロフィールによるとユ・オソンの趣味は本を読むこと、動物を見ることだ。インタビューで「自営業をして、忙しい奥さんに代わって、子育てが上手だ」と伝えた。

特技

プロフィールによるユ・オソンの特技は運動だ。2009年1月号・雑誌『レディー傾向』のインタビューで「運動は当然、熱心にします。俳優が基本的に演技をするために体を完成するのは義務と思うからです」と伝えた。

デビュー前の経歴

ユ・オソンの長兄はソウル大学・材料工学科の教授であり、二番目の兄は検事だ。本人から礼儀作法をかなり重視するほど厳格な両親の下で成長した。実際の学生時代も平凡に過ごしたし、もし役者にならなかったらの質問に彼はためらわずに公務員と答えた。

彼を学生時代からよく知っていた高校同窓生たちは彼が出演した映画『友達』を見て、彼の暴力的な演技にたくさん驚いたと伝えた。

ユ・オソンは最初に考えた大学進路は俳優の道とは大きく関連がなかった新聞放送学科だったが、大学試験の点数に合わせて支援したため、新聞放送と最も近い学科が演劇映画学科だと思って志願して漢陽(ハンヤン)大学演劇映画学科85年に入学した。

同じ85年入学同期たちにギャグウーマンのパク・ミソン、タレントのクォン・ヘヒョなどがいる。以後学科事務室を通った時偶然、先輩たちの呼びかけに照明器具を磨く仕事をしながら、時々舞台に上がり、通行人役をした。

親しかった新聞放送学科に通う大学放送部の友達とマッコリを飲んで、深夜放送部スタジオでLP版をボリュームを最大につけて音楽鑑賞をすることが多くなり、これを通じて音楽的な感性を拡大した。

同時に先輩たちが演劇公演後抱き合って泣く姿をみながら俳優という職業に対する魅力を胸で感じるようになり、結局俳優の道を歩むことになる。文芸振興院演劇アカデミー4期出身だ。

出身・家族・学歴

兄弟 兄3姉1
出生国
出生地域
高校 城東高等學校
大学 漢陽大学校  演劇映画学科

解散・引退について

周囲からの評判

ユ・オソンは2014年6月19日ドラマ『朝鮮ガンマン』制作発表会で「今回の作品では私と縁がある人が多い」と切り出した女優のナム・サンミは、「もっと長く前に会った方がユ・オソン先輩だ」と言及して皆の耳目を集中させた。

漢陽(ハンヤン)大学のバイトガールで有名になった際にインタビューで、「ユ・オソン先輩のファンだとして、先輩の会社で席を設けた。それでサインも貰った。19歳の時先輩に会った」と回想した。また、ナム・サンミは「最初にお兄さんと言ったら、おじさんだとした。」と話した。

2010年3月23日映画『ありがたい殺人者』試写会に参加して俳優のキム・ドンウクは「ユ・オソン先輩に心理的に沢山頼った。先輩の演技についていたら自然な場面が多く出て来た」と明らかにした。

キム・ドンウクは、また、「先輩のファンだったし、尊敬した。このように同じ作品を撮ることになって光栄だった。大きな期待を持って今回の作品に臨んだ。さらに、現場でお会いした先輩は厳格な印象とは違って優しかった」と話した。

整形

なし

好きな食べ物

好きなアーティスト

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る