ホ・ヨンラン

韓国の俳優・韓流スター

ホ・ヨンランについて

ホ・ヨンランは、1996年MBC青少年ドラマ『私』でデビューし、以降『新世代報告 大人たちは分かりません』や、『男女6人恋物語』、『順風産婦人科』、『私の心を奪って』、『青春の罠』、『カイスト~天才たちの青春日記~』などに出演した。

その他の出演作品には、若い夫婦の紆余曲折を描いたドラマ『彼女の家』や、『野人時代 将軍の息子キム・ドゥハン』、『お向かいの彼女』、『完全なる愛』、『2回目のプロポーズ』などがあり、韓国SBS放送創社15周年記念として制作された長編大河ドラマ『薯童謡』などにも出演している。

2002年には、映画『子犬、死ぬ』でスクリーンデビューしている。受賞歴としては、1999年SBS演技大賞・シットコム部門ニュースター賞、2004年KBS演技大賞・助演女優賞などを獲得している。

基本プロフィール

芸名 ホ・ヨンラン (Hur Young-Ran)
本名 ホ・ヨンラン (Hur Young-Ran)
国籍 韓国
性別 女性
身長 162cm
体重 43kg
血液型 A型
誕生日 1980年09月16日 (40歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 なし
デビュー年 1996

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チェ・ミニョンの恋人とのエピソードについては、女優のホ・ヨンランとの交際が話題となった。

二人は同じ所属事務所で活動し、2002年から交際をスタートした。しかし、ドラマの撮影と演技に集中していたため、二人の破局説の噂が流れる。

当時、破局説に関して両事務所は否認していたが、2004年に決別したと正式に公表した。ホ・ヨンランの関係者は「恋人の関係を整理して良い先輩・後輩に戻ることとした。二人とも演技だけ専念するために別れることに決めた。」と伝えた。

ホ・ヨンランは、2016年4月15日に自分のフェイスブックアカウントに「私結婚します。」という文を掲載したことで話題となった。

相手は、同じ年の演劇俳優兼演出者であるキム・キフヮンであり、演劇で共演したことがきっかけとなり恋人へ発展。二人は、2016年5月1日に結婚式を挙げている。

好きなタイプ

ホ・ヨンランの好みのタイプについては、自身のフェイスブックアカウントにて「友達のように、時にはお父さんのように優しくて、陰ながら気を配って応援してくれる人が好きである。」と述べている。

性格

ホ・ヨンランの性格については、ドラマ専門誌『ドラマチック』のインタビューにて、「私は、小心者で、自分から人に話しかけたり、挨拶することができない。そのため、多くの人から勘違いされ、生意気だと噂をされることもあった。その件は、本当に傷ついた。」と述べている。

しかし、現在の夫と知り合った時は、その魅力に惹かれ、自らデートに誘ったと付け加えている。

趣味

ホ・ヨンランの趣味は、音楽鑑賞である。

また、2017年11月16日に放送されたSBS『ダーリン・百年のお客』では家にある空き瓶を活用してきれいな花瓶を作る特技を公開しており、リサイクルも趣味であると語った。

特技

ホ・ヨンランの特技は、陸上や水泳、歌を唄うことである。

デビュー前の経歴

ホ・ヨンランが演者になることを決心したきっかけについて、新聞のインタビューで回答しており、「演技塾に通っていた親しい友達がTVに出ているのを見て、自分もやってみたいと思ったからだ。」と語っている。

1996年には、青少年ドラマ『私』で競争率1,000倍というハードルを見事クリアし、出演のチャンスを掴んだ。この時彼女は中学校3年生だった。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1姉1
高校 溫陽ハンオル高等學校
大学 京畿大学校 多重映像媒体学部卒

周囲からの評判

2013年1月17日にMBC週末ドラマ『息子たち』記者懇談会に出席した俳優のリュ・スヨンが、ホ・ヨンランについて、「本人の意欲がとても伝わってくる。現場の雰囲気にのまれないで、この気持ちを忘れなければ、ドラマに新しい面白さを吹き込んでくれるだろう。」と期待感を示している。

また、彼女が参加した初の演劇『マイファースト・タイム』の練習が始まってから、マネージャーに頼ることなく、他の俳優、スタッフとコミュニケーションを取り、演技について質問するなど前向きな姿勢が評価されている。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る