ホン・ヨソプ

韓国の俳優・韓流スター

ホン・ヨソプについて

ホン・ヨソプは、1984年KBS連続ドラマ『愛する人たち』でデビューして以来、『君の肖像』、『ブチョ』、『秋に来たお客さん』、『昔の芝生』、『女の部屋』などの作品に参加している。

テレビではその他にも『ファイナル・ジャンプ』、『あなたに行く道』、『道』、『愛するまで』、『ウェディング・ドレス』、『暮してみると』、『今は愛する時』に出演した。

1989年には、映画『砂の城』でスクリーンデビューも果たし、演技力のある俳優として知られている。

基本プロフィール

芸名 ホン・ヨソプ (Hong Yo-seob)
本名 ホン・ヨソプ (Hong Yo-seob)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
誕生日 1955年07月03日 (65歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 チョロクベムジュナE&M

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ホン・ヨソプが31歳の時に、7歳年下の当時24歳だったチョン・ミギョンと結婚し話題となった。

二人の出会いは、もともと同じ教会に通っていたという共通点があった。そこでホン・ヨソプの甥が架け橋となり付き合いがスタートした。

結婚後、チョン・ミギョンは音楽大学講師を務め、現在二人の間に息子1人、娘1人がおり、幸せな家庭を築いている。

好きなタイプ

ホン・ヨソプはあるインタビューで、「妻は本当に賢明な人です。そして、特に何も言わず夫のことを信じてくれて、自由に挑戦させてくれます。妻になる女性には、細かなことを気にする人より、信頼してくれる人がいいと思っています。」と好みのタイプについて語っている。

性格

ホン・ヨソプは、堅苦しいことを嫌い、気さくに自然体でいることを好む性格である。

あるインタビューでは、「堅苦しい格好も嫌いで、スーツで出かけることもあまりしたくない。だから、 ワインがおいしい店なども知らないし、どんな汚い店でも気にしない。」と回答している。

また、知名度や収入などにも無頓着な性格であり、芸能界ではアウトローと言われている。しかしその背景には、俳優を目指す時に父から言われた「お前の知人、友人たちが、お前の仕事を見て恥ずかしくないようにしなければならない。」という約束をまっすぐに守り続ける仕事熱心な一面もある。

趣味

ホン・ヨソプの趣味は、スキューバダイビングである。スキューバダイビング歴は10年以上で、自他共に認めるほど熱心に活動している。

特技

ホン・ヨソプの特技は、テコンドーである。

またあるインタビューでは、「50、60代をどうすれば健康に暮すことができるかと思い、ゴルフを習うようになりました。真剣にゴルフ選手生活をしてみようと米国ゴルフスクールに留学に行って資格証も取った。」と暴露している。

デビュー前の経歴

ホン・ヨソプはもともとADや放送技術者を目指しており、KBS研修社員として放送局に入社し、そのまま仕事を勤めた経歴を持つ。その後、すぐ軍隊に入隊し、除隊して戻ってきたのが1981年であった。

除隊後、偶然演劇で小劇場運動していた友達に会い、そこで友達の仕事ぶりや、言いたいことを自由に言える環境に興味が湧き、そのまま演劇という世界にのめり込んでいった。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 景福高校
大学 中央大学校演劇映画科

周囲からの評判

ホン・ヨソプは、同業者からの評判が大変良く、バラエティー番組『ヒーリングキャンプ』に出演した俳優キム・サンギョンは、「僕はホン・ヨソプさんの事が幼い頃から非常に好きでした。それで俳優になった。」と語っている。

また、女優のハン・ヒョジュは「父親役のホン・ヨソプさんは、とても優しくて本当のお父さんのようです。バレンタインデーにはチョコレートもあげました。」と述べた。

関連するアーティストを見る