ホ・ジュノ

韓国の俳優・韓流スター

ホ・ジュノについて

ホ・ジュノは、1986年映画『青ブルースケッチ』でスクリーンデビューし、『グッドモーニング!大統領』、『青い服の袖』、『白い戦争』、『二十七本のバラ』など数多くの作品に出演し人気を得た。

その後、1988年にはKBS『その年の冬は暖かかった』でドラマデビューし、『歩いて空まで』、『お母さんの海』、『最後の勝負』、『若者の日向』、『アスファルトの男』などドラマ出演も重ね、名実ともにトップ俳優の仲間入りを果たした。

基本プロフィール

芸名 ホ・ジュノ (Heo Joon Ho)
本名 ホ・ジュノ (Hoo Joon Ho)
国籍 韓国
性別 男性
身長 180cm
体重 75kg
血液型 A型
誕生日 1964年04月14日 (56歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 ジェイ・スターズエンター
デビュー年 1984

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ホ・ジュノは、1996年に出演した映画『大人たちはニシンを焼く』で、女優イ・ハヤンと出会い、約1年間の交際期間を経て、1997年9月28日結婚した。

二人の間には娘もおり、幸せな家庭だと誰もが思っていたが、6年後の 2003年10月7日に性格の違いという理由から離婚している。

好きなタイプ

ホ・ジュノの好みのタイプについては、離婚があってからあまり考えないようにしているようだ。

あるインタビューでは、「結婚は一度で十分です。再び恋愛をして誰を会うのが怖いのもあるし、今は仕事だけに専念するつもりです。」と回答している。

性格

ホ・ジュノの性格については、「インフィニット」のメンバーのエルが語っており、「私が初めてホ・ジュノさんを見た時は、思わず萎縮し、カリスマに圧倒された。しかし、撮影場ではとても愉快で明るく、雰囲気を和ませてくれる素晴らしい人でした。」と述べている。

趣味

ホ・ジュノの趣味は、マンガ本を読むことである。

特技

ホ・ジュノの特技は、野球やバスケットボールをすることである。

デビュー前の経歴

ホ・ジュノの父親は、アクションスターのホ・ジャンガンであり、小さい頃から演技というものに触れる機会が多かった。時には、父親の演技の練習相手になったこともあるという。

高校時代では、野球のプレーヤーとして活躍し、俳優というものは意識しておらず、そのまま方向性も定まらないままスポーツ特待生として、ソウル芸大舞踊科に進学した。

しかし、講義の中で彼の素質を見抜いた教授が「お前をただ合格させたんじゃない。一生懸命しろ。」と叱咤激励し、ミュージカルの勉強のためにソウル芸大演劇科に再び入った。

その後、1985年にミュージカル俳優としてデビューして、1986年には映画デビューを果たした。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人
高校 信一高等學校
大学 ソウル芸術大学舞踊科、演劇カ

周囲からの評判

俳優のユ・スンホがインタビューでホ・ジュンホとの共演について語っており、「二人で演技をする時に、ホ・ジュンホさんが僕に対してリラックスする言葉を語りかけてくれ、演技においても、小さな気配りが見られ、大変勉強になったし、尊敬しています。」と述べている。

また、『ビューティフル・マインド』のプロデューサーのジ・ビョンヒョンは、「彼の演技に感嘆した。仕草に重みがあって演技以外の姿勢も良い人だ。」と絶賛している。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る