KABA.ちゃん

日本のタレント

KABA.ちゃんについて

KABA.ちゃんは日本のタレント、振付師である。本名は椛島 一華。マイケル・ジャクソンに憧れニューヨークにダンス留学をする。帰国後、小室哲哉プロデュースの元dosのメンバーでダンスとボーカルを担当していた。その後『笑っていいとも!』に出演しゲイであることをカミングアウトし、その明るいキャラクターでお茶の間で人気者になる。タレント活動と並行して安室奈美恵、華原朋美、SMAP、コマーシャルなど様々な場面で振り付けを担当している。特にSMAPの代表曲「世界に一つだけの花」の振付師として有名である。

その後タイで性別適合手術をうけ、法律上にも女性となった。今もなおダンス活動を続けている。

基本プロフィール

芸名 KABA.ちゃん (Kaba Chan)
本名 椛島 一華 (Kabashima Ichika)
国籍 日本
性別 女性
身長 172cm
血液型 A型
誕生日 1969年06月19日 (50歳)
干支
星座 ふたご座

所属

レコード会社 プラチナムプロダクション
デビュー年 1996

好きなタイプ

好きな男性のタイプは明るく性格の良い男性である。またきちんと怒ってくれる男性が好きである。 好きな見た目は無精ヒゲが生えているような男性。

KABA.ちゃん自身男性に尽くすのが好きで、ニューヨーク留学中に知り合った男性と1年間交際していた。その時に学費・生活費など合計約600万円を彼氏に貢いだ過去を持つ。性別適合手術を受けた後で、男性からナンパされたこともある。

13歳の時に初デートを男の子とした。その後、17歳の時に女の子を相手にセックスを初体験したが、かなりの違和感があり自分がゲイであると再確認したという。

性格

dos時代、話すとオネエ口調で同性愛者であることがわかってしまうため事務所サイドからテレビ出演の際は喋らないようにと念押されていた。しかし後に『笑っていいとも!』に”SMAPの振付師”という肩書きで出演した際、オネエであることをカミングアウトした。そして2001年までは当時の本名である椛島永次(かばしま えいじ)として活動していた。その後2014年1放送の『ウチくる!?』内で「去勢」したことをカミングアウト、そして戸籍変更を行う意向もあると発表した。 2015年に性別適合手術、2016年に声帯手術を受け両方無事に終わった。ボイスチェンジもして声も女性声に変え、両親に新たな名前「一華(いちか)」を名付けてもらい、東京地方裁判所に戸籍上の名前・性別の変更を認められた。

美容外科の先生に「平均的な男性の顔より5mm長い」と言われたのでアゴを5mm削った。また、アゴの整形手術と同時に、金運上昇のために福耳手術を受けた。

小さい頃からいろいろな想像を頭の中でしていて、その想像力が今のダンスにも影響している。とても明るい性格。ダンスのために高校を中退するほど本気であり、一度決めたと思ったら突っ走る性格である。

趣味

好きな映画はホラー映画で、好きな俳優はケビン・コスナーである。家にはシンプルなインテリアを置くのが好きである。また、占いが大好きで芸名を姓名判断で決めた過去がある。引っ越しも占いで決めた。

他の趣味は旅行と美容外科(メンテナンス)である。以前にインタビューで「変わっていく姿が嬉しい」「自分がどこまで変われるかを見てみたい」と笑顔で語っていた。

現在は振付師、タレント活動の他、to be candidateというゲイだけのユニットに携わっており、プロデューサーとしてメンバーを育成する立場である。また、そのキャラクターから芸能界に友達がたくさんいる。親友は光浦靖子(次いで相田翔子、辺見えみり、千秋など)。野沢直子も、『かばこは私の大切な親友の一人』と自身のブログ内で語っている。

特技

ダンスがとても得意である。初めはアイドルに憧れていたがマイケル・ジャクソンがKABA.ちゃんのダンスへの思いを変えた。ニューヨークに単身でダンス留学した時、アメリカのオーディション番組に日本人4人組グループで出場した。そしてアメリカのダンスコンテストで優勝した事もある、才能あふれるダンサーである。また、健康法としてスーパーボールをおしりにはさでウォーキング(ウエストが細くなる)するものが有名である。

デビュー前の経歴

元々ピンクレディーや松田聖子といったアイドルが好きで、アイドルになるために近くのスポーツクラブでバレエを含めた様々なダンスを習っていたが、テレビでマイケル・ジャクソンのダンスを目にし、その姿に憧れる。資金を貯めるために入学半年で高校を中退。ダンススクールの先生の勧めもあり、18歳で上京しアルバイトを掛け持ちしながら週5日渋谷のダンススクールで学ぶ。この時にTRFのSAM、ETSU、CHIHARUとも出会う。21歳でニューヨークへ単身渡米し、ダンスの技術を磨く。1996年に小室哲哉がプロデュースする3人組のダンスユニット・dosのメンバーとして『ASAYAN』からデビューし活動を始めた。dos結成以前から現在まで振付師としても活躍している。

出身・家族・学歴

兄弟 兄、姉、弟
出生国 日本
出生地域 福岡県
高校 熊本北高校
大学

家族のエピソード・詳細

父 母 姉 兄 弟

解散・引退について

周囲からの評判

安室奈美恵の小室プロデュース初期のヒット曲のほとんどや、『SMAP×SMAP』の歌コーナー・コンサートツアーの振り付けなどを担当、シングルでは2003年に発売されたSMAPの代表曲『世界に一つだけの花』の振付も担当した。これは国民に愛される曲となり大ヒットした。

2004年にタレントの千秋とのデュエットCD『つらいね赤ちゃん!/最近ハヤリのメイク歌』を「千秋 with KABA.ちゃん」のアーティストネームでリリースした。「最近〜」は、アニメ『とっとこハム太郎』のエンディング曲になっていた。

2005年には『おかしな二人 〜伊豆・天城越えオネエ旅 女郎蜘蛛伝説殺人事件〜』で筧利夫とテレビドラマで共演し、ドラマ初出演で主役を務めた。

中日ドラゴンズの投手、佐藤充が「カバちゃん」と呼ばれるほどに自分に似ていることについて、2006年6月21日付の『中日スポーツ』の一面で「自分も(佐藤投手が自分に)似ていると思っていた。佐藤投手には一度お会いしてお話したい」と語り、交流戦での彼の活躍を称えるとともに佐藤投手にエールを贈った。

整形

右まぶたをくっきりさせる、鼻と顎を小さくする整形手術を受けた。2014年には睾丸除去手術を受けた。安くそして高度な技術で有名なタイで、性別適合手術を受けて戸籍上も女性になった。その時切除した男性器をホルマリン漬けにして自宅の冷蔵庫に保存してあるという。その後女性らしい声にする為に声帯の手術も受けた。見た目はガラリと変わり、昔の面影はなくなった。

好きな食べ物

好きな食べ物は海鮮クッパ、もやしそば、煮物、だご汁(九州の郷土料理)、もちシュー、辛子明太子、らっきょう、よもぎ、和食全般である。 お酒は飲まない。

公式サイト・SNS

公式サイト https://talent.platinumproduction.jp/kabachan
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る