チョン・チャン

韓国の俳優・韓流スター

チョン・チャンについて

チョン・チャンは、1995年のドラマ『TVシティー・オーディション』を通じて、デビューした。『パパ』『8月の花嫁』などに出演して、その名が知られるようになった。

代表作『美男<イケメン>ですね』では、アン社長役を好演したほか、『個人の趣向』『相棒』などに出演し、旺盛な活動を行っていた。なかでも映画分野では、低予算の独立映画でも、作品さえ良ければ、積極的に出演する俳優としても知られている。

基本プロフィール

芸名 チョン・チャン (Jung Chan)
本名 チョン・チャン (Jung Chan)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 75kg
血液型 A型
誕生日 1971年02月23日 (49歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 Wayz Company
デビュー年 1994

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

チョン・チャンは、2012年1月8日の昼12時から、江南(カンナム)にあるウェディングホールで、7歳年下のキム某氏と結婚式を挙げた。

所属事務所の関係者は、「相手は会社員の30代の女性で、知人の紹介で、出会ったと聞いている」とし、「相手が一般人なので、静かに結婚したいという意志をチャンが明らかにした」と伝えた。

その後、娘と息子を授かったが、2015年11月に「チャンが、協議離婚(夫婦が協議して、合意の上で離婚すること)した。理由などは、詳しく分かっていない。先週の金曜日に、円満に離婚したという話を聞いた」とWayz Companyの関係者が語った。

これに先立ち、あるメディアは、「チャンが、妻であるキム某氏との離婚を最終的に確定した」と報じた。報道によると、二人の子供の養育権は、キム氏が持ち、チャンは毎月一定金額の養育費を支給することにしたという。

好きなタイプ

チョン・チャンは、「自分が本を読んでいるそばで、騒ぐ女は嫌いだ」と話した。「それを理解できない女性ならば、結婚生活が大変になるだろう」と語っている。

またチャンは、「僕が小言を言って、やめさせるのではなく、『やめて』といえば、『わかった』と言って、やめることができる女性が良い。幼い頃から独立心を持って生きてきた為か、女性を度量があるように、受け入れることができない」と、2008年のインタビューで語っている。

性格

チョン・チャンは、間違ったことや、良心に引っかかる社会的な事には我慢できず、必ず一言言う性格である。

男性的な性格であるが、周囲に対して強いふりをして、内心では心配をする、消極的な面もある。そして服装は、スーツは着ず、カジュアルな服装がほとんどで、真冬にも半ズボンを穿くくらい、少々個性的なファッションをよくするという。

趣味

チョン・チャンの趣味は、サバイバルゲーム、スノーボード、映画テープ集めである。

特技

チョン・チャンの特技は、テコンドーとテニスである。

デビュー前の経歴

チョン・チャンは、福岡の地方版WEBインタビューによると、「幼い頃、自分の家庭は、映画をたくさん見る雰囲気であった為、小学校の時から、一人で映画を見るために、映画館に行った」と話している。映画『チャンプ』『ジョーズ』などを一人で観に行ったそうだ。

そして、10代になってからは、週末になるといつも映画を見に行っていた為、高校の時から、「映画に係わる仕事をしよう」と決心していたという。「まず俳優になってみて、可能性が見えたら、俳優として勝負をかけて、でなければ、カメラを持つ仕事をしようと思っていた」とも語った。

幸い、俳優としてのスタートは成功し、今に至るが、「俳優としては、まだまだである」と話した。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 大韓民国
出生地域 Seoul Teugbyeolsi
高校 ミョンジ高等学校
大学 慶雲大学武道学学士

周囲からの評判

チョン・チャンは、小学生の頃に、1人で映画館で映画を見ていた為、高校の頃には映画関係の仕事、俳優を夢見るようになる。良い作品の為なら、時間も惜しまない性格である。

俳優になってから、インストラクターや免許など、たくさんの資格を取り、若い頃は、預金通帳残高0が続いていた。

2001年に、初主演映画『ロードムービー』で、幻覚のシーンのために、感覚を知りたいと思い、演技に悩んだ末、大麻に手を出した。その為、決まっていた多くの仕事を失い、初主演映画の公開も延びたという。

「それ以降、それまで以上に疑われることのないように、自分に厳しく暮らし、両親を二度と悲しませないように、生活をしている」と話した。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る